なぜ、他の国よりもカナダへの留学がオススメなのか
出所:Liberal Party of Canada Parti libéral du Canada Facebook

なぜ、他の国よりもカナダへの留学がオススメなのか

カナダは、外国人労働者や留学生などの他のグローバルな才能を歓迎します

ご訪問ありがとうございます。

 

出所です。

Why Trudeau’s win could also be a win for international students in Canada

Liberals win Election 2021: What does it mean for Canadian immigration?

 

カナダの自由党は、2021年のカナダ総選挙で過半数の支持を得ることができませんでしたが、ジャスティン・トルドー氏はカナダの首相のままです。

留学生と卒業生がトルドー首相で、カナダで期待できることは次のとおりです。

 

留学生が優先

あなたは、トルドー首相をカナダで3度選出された首相として知っていますが、トルドー首相が政治家になる前は教育者だったことを知っていましたか?

教育学士号を取得した後、フランス語と数学を教え、若者の市民権と移民のための政策を開発し続けました。

2006年に、自由党の青少年更新タスクフォースに選出され、教育のバックグラウンドを持つトルドー首相は、より大きな国際的な知識交換を主導するのに最適な立場にありました。

 

過去数年間、カナダはCOVID-19パンデミックへの対処で留学生や卒業生の間で支持を得てきました。

トルドー政府は、カナダ緊急学生手当を含むいくつかの手当制度を通じて支援を拡大しました。

これを念頭に置いて、他のカナダの政党の政策と比較検討すると、自由党の勝利は、将来の留学生にとって楽観的な見方を明確に示しています。

 

カナダ総選挙でのジャスティン・トルドー首相の勝利が、今後数か月、新しい内閣が具体化するにつれ、何を意味するのかについて詳しく知ることができます。

私たちがこれまでに知っていること:

移民大臣マルコ・メンディチーノ氏の役割を維持し、2022-24年の移民レベル計画に移行するカナダの移民、難民、市民権の優先事項を形作ることが期待されています。

この移民レベル計画は、IRCC(移民・難民・市民権省)の移民入国目標、各入国クラス(経済、家族、難民、人道主義)の下で対象となる移民の数、および各州と準州への割り当てをガイドし、この発表は来年の第1四半期、遅くとも2022年3月までに行われる予定で、カナダが今後数年間で、誰を歓迎したいかについてのより詳細な絵を提供します。

2022年の予算とこの計画により、トルドー新政府は、これらの移民目標をサポートするポリシーを設定できるようになります。

 

 

ジャスティン・トルドー首相の勝利は、移民を後押しする可能性があります

なぜカナダはそれほど多くの移民を必要としているのですか?

人口が高齢化して出生率が低いので、若くてスキルがある人を連れてこないと成長できません。

国際的な教育ハブとしての、この国の評判の高まりは、このギャップを埋めるのに大いに役立つでしょう。

実際、カナダの大学の国際的な卒業生は、さまざまな移民制度やルートを通じて、カナダでの就職を追求することが奨励されています。

 

近年、自由党政府はこれまでのところ、移民の数を増やすことへの確固たるコミットメントを示してきました。

国際的な卒業生から永住者への移行を促進するためのオープンワーク許可導入と、エクスプレスエントリーポイントシステム(総合ランキングシステムとして知られている)を通じて、一時的な外国人労働者と元留学生の永住権への道を拡大したいと考えています。

 

そのため、報告書によれば、2015年以降実施されてきた、リベラルの移民アジェンダの継続を期待することができます。

これは、カナダのパンデミック後の経済回復を支援するために、高レベルの移民を歓迎するという継続的な取り組みと、家族の再会への取り組みを意味します。

難民、そして一時的な外国人労働者や留学生などの他のグローバルな才能を歓迎します。

 

また、自由党は市民権申請料金を廃止するという、2019年の選挙キャンペーンの約束を繰り返したのと、COVID-19の影響を受けたビザの処理時間を12か月未満への短縮とともに、すべての移民申請が今後改善されることが期待されます。

 

トルドー首相が、政権で多文化主義を保持している場合、カナダに向かう留学生は、今後数年間でより歓迎的な政策と支援を期待することができます。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す