もはや中国人とインド人の大学???
出所:Colleges Ontario Facebook

もはや中国人とインド人の大学???

これら2か国への危険な経済的依存を認識している

ご訪問ありがとうございます。

 

👇 過去の記事

カナダ 大学・カレッジへの留学生は多様性を失っている?

 

出所です。

Canadian colleges seek to reduce reliance on China and India

Douglas Todd: Generous Canada now No. 1 country for foreign students

 

カナダのキャリア重視の大学システムは、インドと中国以外からの留学生を見つけるための、積極的な取り組みに着手しており、これら2か国への危険な経済的依存を認識しています。

 

Colleges Ontario のリンダ・フランクリン氏は、州政府の監査によりカナダ以外の学生、主に世界で最も人口の多い2か国の留学生が、授業料収入の68%を占めていることが判明した後、懸念を認めました。

オンタリオ州の監査総長であるボニー・リシク氏は、突然の渡航禁止令の深刻な危険性について大学に警告し、「このアプローチのリスクに対処するための長期的な戦略がなければ、持続可能性のために、国際登録への依存度をさらに高めるべきではない」と、述べました。

 

オンタリオ州だけでも、カナダの大学の留学生のほぼ半分を、インドと中国が占めています。

フランクリン氏は、州内ではすでに150か国からの留学生がいるが、インドと中国以外からの留学生は少なく、フランクリン学長のグループの全国的な協会は、カナダ全土でインドと中国からの留学生に大きく依存していること、および新しいパートナー国の留学生を誘致する戦略を確認しました。

 

出所:Vancouver Sun/カナダの大学に在籍する留学生の割合

 

「それは少し時間がかかりますが、それは起こっています」と、カナダのカレッジ・アンド・インスティテュートの国際パートナーシップ担当副社長であるアラン・ロイ氏は述べています。

フランクリン氏とロイ氏は、ベトナム、フィリピン、コロンビア、ブラジルを主要な初期目標として特定しました。

「私たちが活動している市場では、驚異的な成長が見られました」とロイ氏は述べています。

例としては、カナダの大学や研究所への留学生の供給が、パンデミック前の2015年の約2,000人の留学生から、2019年の約15,000人に増加したベトナムが含まれます。

 

 

カナダの大学は、COVIDやその他のビザや海外旅行への混乱のリスクに悩まされていることに加えて、留学生への経済的依存により、合理的に請求できる金額を検討し続けることを余儀なくされています。

オンタリオ州の監査総長によると、2020-21学年度については、州の大学が国内の学生に年間3,228カナダドルを請求し、2年前から10パーセント減少しました。

同じ期間に、彼らは留学生の授業料を8%引き上げて14,306カナダドルにしたと述べています。

 

フランクリン氏によると、大学は留学生を採用することで費用を賄おうとしていると言います。

しかし、それは「適切な政府資金の代わりになるべきではない」と、述べています。

 

ロイ氏によると、この状況では、大学や機関が、他の収入源を見つけるために、より機知に富み、起業家精神を持っている必要があります。

これには、寄付を募り、企業研修を提供することで収益を上げるためのより大きな努力が含まれていると、ロイ氏は述べています。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す