オーストラリアが州ごとに再開するため留学生が混乱する
出所:Australia. com Facebook

オーストラリアが州ごとに再開するため留学生が混乱する

全国で非常に一貫したワクチン接種率が得られるまで、州や地域によって違いが見られる

ご訪問ありがとうございます。

 

出所です。

Confusion for overseas students as Australia opens state by state

 

南オーストラリア州貿易投資局の国際教育観光局長であるタリエシン・リーバーン氏は、「全国で非常に一貫したワクチン接種率が得られるまで、州や地域によって違いが見られると思います」と、オーストラリア国際教育会議に語りました。

 

StudyPerthの最高経営責任者であるフィリップ・ペイン氏は、断片化されたアプローチは誰にも利益をもたらさないと述べています。

「連邦政府からのさらなる調整と介入がなければ、そして州と準州からのさらなる協力がなければ、物事は必然的に少し混乱するでしょう。しかし、これまでに州や準州で採用されてきた大学のアプローチが普及すると確信しています」と、付け加えています。

 

州は留学生のオーストラリア入国に対して、さまざまなアプローチを取っていますが、その多くは初歩的な段階にあります。

 

 

ニューサウスウェールズ州は12月に始まるパイロットプログラムで、2週間に250人の留学生を投入する予定であり、ノーザンテリトリーは昨年11月に63人の留学生を受け入れました。

 

ビクトリア州は、クリスマスまでに週に120人の留学生を受け入れるという提案を承認しましたが、留学生1人あたり少なくとも5,000豪ドルの検疫費用についての批判が集まっています。

 

クイーンズランド州は、ブリスベンの西120kmにあるトゥーンバにある専用施設で留学生を隔離することを計画していて、クイーンズランド州貿易投資局の executive director であるシャノン・ウィロビー氏は、 「来年初めに予定しています」と述べています。

 

西オーストラリア州では、留学生の「安全な帰国」の提案が昨年11月に、州の最高保健官から暫定的な承認を受けましたが、「絶え間ない改訂が行われています」と、ペイン氏は述べています。

政府は現在、パースの東部郊外にある専用の検疫施設とワーキンググループの結成を発表しました。

「西オーストラリア州政府の国境管理に対する非常に慎重なアプローチを考えると、私たちのモットーは、準備はできているが忍耐強いということです。私たちは、条件が許せばすぐに行く準備ができていることを目指しています」と、ペイン氏述べています。

 

南オーストラリア州は1年以上前に、最初に留学生を飛行機に乗せることを提案しましたが、コロナウイルスの発生のために計画は繰り返し棚上げされました。

「それは連邦によって承認されましたが、私たちが運営する条件は大幅に変化し、もはや実施することができなくなりました」と、リーバーン氏は語りました。

しかしながら、協議会の参加者は、州が留学生の突然の「流入」に備える必要があるかもしれないと警告し、最近の進展は、制限が予想外に迅速に緩和される可能性があることを示唆しています。

「小さなパイロットや段階的な再導入を見るのではなく、物事は非常に迅速に進んでいる可能性があります」と、エディスコーワン大学の副学長であるサイモン・ライディングズ氏は述べています。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す