オーストラリアとニュージーランドはアジアに拡大しています
出所:Study Melbourne Facebook

オーストラリアとニュージーランドはアジアに拡大しています

新しいアジアの「ハブ」を開き、リモートオンライン学習で、立ち往生している留学生を引き付けています

ご訪問ありがとうございます。

 

出所です。

With borders closed, ANZ universities reach out via ‘hubs’

 

ほとんどの留学生が、オーストラリアまたはニュージーランドに入国するには、2022年半ばまで待たなければならない可能性が高いと予想しているため、これら2か国の教育機関は、脱落者を制限しようとして、新しいアジアの「ハブ」を開き、リモートオンライン学習で、立ち往生している留学生を引き付けています。

7月、オークランド大学とライトパスコンサルティンググループは、ホーチミン市にベトナムスタディハブを開設しました。

個別指導、ワークショップ、雇用サービスなど、キャンパスで通常見られる種類のサポートを提供しようとします。

ニュージーランドには約2,500人のベトナム人学生が在籍しており、オーストラリアには約25,000人の学生が在籍しています。

現在、135,000人が海外で立ち往生していて、主に中国とインドから来る留学生で、2019年にオーストラリアの大学は、ほぼ100億豪ドルを獲得しました。

シドニー大学(USyd)のスポークスパーソンは、「パンデミックがセクターと留学生に与える影響について引き続き非常に懸念している」と述べ、少なくとも少数の学生を返還する、パイロット計画に対する政府の支援に「満足」していると付け加えました。 

 

オーストラリアの代表グループは7月下旬に会合し、おそらくチャーター便とワクチンパスポートを通じて、儲かる産業を「再開」する計画を話し合いました。

しかし、今のところ、彼らができる最善のことは、海外でリモートを試みることです。

3月、ビクトリア州は、在籍留学生と入学希望者の両方のために、上海にスタディ・メルボルン・ハブを開設しました。

その後、ハブをホーチミン市、インドのバンガロール、マレーシアのクアラルンプールに拡大する計画があります。

モナッシュ大学とUSydの2つの機関は、中国の既存のセンターで、有利なスタートを切りました。

モナッシュは、サウスイースト大学と提携して、2013年に中国に合同キャンパスを開設した最初のオーストラリアの大学になりました。

留学生はすでに2021年10月に、入学のためにモナッシュ蘇州に登録されています。

これにより、2022年3月にオーストラリアの学年が始まる前に、学習を「早急に進める」ことができます。

 

 

2016年に開設された蘇州のUSydのセンターは、中国の留学生に管理サポート、勉強会、ワークショップ、文化活動に加えて、企業や就職活動の支援を提供することで、Covidの後に大きな役割を果たしました。

 

そして、他の大学は、国境が閉鎖された後、昨年中国に拡大し始めました。

2020年後半、ニューサウスウェールズ大学(UNSW)は、江蘇省のテックパークと提携してチャイナ・ラーニングセンターを開設しました。

オーストラリア国立大学(ANU)は、上海スタディハブでも同じことを行いましたが、シドニー工科大学(UTS)は中国、ベトナム、インドネシアにオフショア学習センターを持っています。

 

IDPコンサルタントによる7月の調査によると、オーストラリアの国際コホートの約3分の1(37%)とニュージーランドの半分以上(59%)は、対面式の教育が提供できない場合、大学入学を延期したいと考えています。

これは、国境がより開放されているカナダ(23%)や英国(26%)と比較して高い割合です。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す