オーストラリアの大学もCOVIDワクチン接種を義務付ける
出所:La Trobe University Facebook

オーストラリアの大学もCOVIDワクチン接種を義務付ける

副学長は、ワクチン未接種の人々は12月からキャンパスを「去るように求められる」と述べる

ご訪問ありがとうございます。

 

出所です。

La Trobe is first Australian university to require vaccination

 

オーストラリアの大学は、キャンパスにいるための前提条件としてコロナウイルスワクチン接種を義務付けます。

これは、オーストラリアの教育機関が、北米で広く採用されているアプローチを採用する可能性があることを示す最初の兆候です。

 

12月から、ビクトリア州のラ・トローブ大学は、すべてのスタッフ、学生、請負業者、およびその他の訪問者に完全なワクチン接種を義務付けました。

ラ・トローブ大学は、ワクチン接種を拒否する正当な医学的またはその他の「法的に認められた」理由があれば、スタッフと学生が引き続きキャンパスに通うことができると述べましたが、これは「選択によってワクチン接種を受けないままでいる」人々には当てはまりません。

それは「仕事や勉強のためのそれぞれの義務を果たす」彼らの能力を損なう可能性があると大学は警告し、決定は労働安全衛生の義務、 「大学には、職場でのCovid-19への曝露のリスクを排除または最小化する義務があります」によって推進されたと、付け加えました。

 

ジョン・デュワー副学長はABCに対し、この決定は最終学年の高校生のニーズ、オンライン学習にうんざりしていて、大学がキャンパス内での学習を提供できなければ登録しない高校生によっても推進されたと語りました。

副学長は、ワクチン未接種の人々は12月からキャンパスを「去るように求められる」と述べています。

 

ラ・トローブ大学は、より広いコミュニティで「ワクチンの展開のペースを監視」し、「必要に応じて」時間枠を調整すると述べましたが、オーストラリアでのワクチンの入手可能性はまだらですが、免疫化を希望する成人と青年は、12月までに十分な機会があると予想されています。

 

ラ・トローブ大学は、オーストラリアで最初にワクチン接種を必要とした大学であると考えられていますが、近くにあるディーキン大学も、その考えを強く支持しています。

「成人人口全体がワクチン接種を受けることができたら、それは今年後半になります。私たちは、大学コミュニティの一部であり続けるためにワクチン接種を義務付けるかどうかを非常に慎重に検討する必要があります」と、イアン・マーティン副学長は述べています。

 

 

Covid-19免疫化は米国では厄介な問題であり、義務付けられている数百の大学の学生からの訴訟や、強制されていない大学の学者による辞任を促しています。

バイデン政権は、予防接種を必要としない大学のための資金の差し控えの可能性にフラグを立てました。

政権のスタンスは、ウイルスに対して特に脆弱な障害を持つ学生を差別しているという理由です。

 

カナダでは、いくつかのトップ大学が秋学期に先立って、強制ワクチン接種に対する当初の反対を覆しました。

北米のアプローチは、政府が大学でワクチン接種を実施する計画を拒否し、大学と大学連合が免疫を要求するよりも奨励することを支持している英国のアプローチとは異なります。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す