オーストラリアへの留学希望者へ:私たちがこれまでに知っていること_2
出所:Australia. com Facebook

オーストラリアへの留学希望者へ:私たちがこれまでに知っていること_2

すべての州がCOVIDとともに生きる必要があり、デルタを永遠に締め出すことはできない

ご訪問ありがとうございます。

 

👇過去の記事

オーストラリアへの留学希望者へ:私たちがこれまでに知っていること

 

出所です。

Australia PM backs reopening as vaccination rates increase

 

オーストラリア政府は、十分な数の人口が完全にワクチン接種されれば、国は再開し、制限を緩和し始めることができると述べました。

シドニーでの症例の急増の影響について、いくつかの州で懸念があるにもかかわらず、スコット・モリソン首相は月曜日(8月23日)に、オーストラリアのワクチン接種率が目標に達したときにCOVID-19と一緒に暮らすことを学び始めなければならないと述べた、とロイターは報じました。

詳しくは、こちら から

 

モリソン首相はロイターに、次のように述べていると伝えられています。

「これは、この国に住むための持続可能な方法ではありません。このグラウンド・ホッグデーは終わらせなければならず、ワクチン接種率が、70%と80%になり始めると終わります」

 

ニューサウスウェールズ州の、グラディス・ベレジクリアン首相は人々に、症例よりも免疫化の展開にもっと焦点を合わせるように促しました。

「ワクチン接種が、80%に達すると、すべての州がCOVIDとともに生きる必要があります。デルタを永遠に締め出すことはできない」と述べました。

 

報告書によると、オーストラリアは12月までに、ワクチン接種率が80%に達するとは予想されていません。

ワクチン接種の適用範囲が80%に達すると、「高度にターゲットを絞った封鎖」のみが必要になり、接種を受けたオーストラリア人は州間を自由に移動できます。

 

 

これとは別に、留学生のオーストラリアへの帰国を可能にするパイロット計画が開始される公式の時間枠はまだありませんが、教育大臣のアラン・タッジ氏は以前、オーストラリアへの帰国を容易にするためにパイロット計画を立ち上げて実行するための努力が行われていると述べました。

ただし、オーストラリアのワクチン接種率は重要な役割を果たします。

 

8月16日に開催されたオーストラリアン・ファイナンシャルレビュー高等教育サミットで、タッジ大臣はオーストラリアのワクチン接種率が上昇し続けているため、留学生を歓迎する能力も向上すると述べました。

オーストラリアのワクチン接種率が70%に達すると、国は移行段階に入り、検疫の取り決めと空き状況に応じて、学生ビザ保有者 の上限付き入国を許可できるようになります。

「私たちの国境が開き始めたとき、私は学生がかなりの数で戻ってくると確信しています。私が最近発表した留学生の経験データはこの結論を裏付けており、91%がオーストラリアでの全体的な生活経験を高く評価していることを示しています」

留学生がオーストラリアに戻ったとき、タッジ大臣は、オーストラリアはより多様性を確保し、スキル不足との整合性を高める必要があると述べました。

そして、留学生とオーストラリア人学生の学生体験が最大化されることを確実にする、とタッジ大臣は付け加えました。

 

南オーストラリア州は、他の州から戻ってきた人々のために、人々が家にいるかどうかを追跡するために使用されるアプリを使って、家の検疫を試みる最初の州になるだろうとロイターは述べています。

成功した場合、この試験は、ホテルの検疫への圧力を緩和するために、帰国する一部の海外旅行者に使用されます。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す