オーストラリアへの留学希望者へ:私たちがこれまでに知っていること_5
出所:Sydney.com Facebook

オーストラリアへの留学希望者へ:私たちがこれまでに知っていること_5

見通しでは10月25日からNSWのロックダウンは解除か?!

ご訪問ありがとうございます。

 

👇過去の記事

オーストラリアへの留学希望者へ:私たちがこれまでに知っていること

オーストラリアへの留学希望者へ:私たちがこれまでに知っていること_2

オーストラリアへの留学希望者へ:私たちがこれまでに知っていること_3

オーストラリアへの留学希望者へ:私たちがこれまでに知っていること_4

 

出所です。

Australia border updates for students: Vaccinations, a new app and inbound travel

 

オーストラリアの留学生のための最新ニュースで、これまでにわかっていることは次のとおりです。

 

オーストラリアのスコット・モリソン首相は以前、国家計画では、適格人口の80%が完全にワクチン接種を受けた州は、他の州がそうでなかったとしても、海外旅行を再開することを認めていると述べました。

ワクチン接種の着実な増加は、ニューサウスウェールズ州(NSW)とビクトリア州が11月に80%に達する可能性があることを示唆していますが、クイーンズランド州と西オーストラリア州(WA)は12月までかかる可能性があると、シドニーモーニングヘラルドは報告しました。

 

ダン・テハン貿易相は先週、目標が達成されると、ニュージーランド、太平洋諸島、シンガポールを目的地として、往路の旅行者に対する国境制限が縮小されると述べています。

「国家計画は、80%を超えると、海外へのオーストラリア人による旅行であるアウトバウンド旅行が行われること、またインバウンド旅行の手配も可能であることを非常に明確にしています」

 

シドニーモーニングヘラルドとThe Ageは、連邦政府が10月から国際COVID-19ワクチン接種証明書を発行する予定であり、どのワクチンが認識されるかを検討するために他の国と話し合っていると報告しました。

連邦内閣のCOVID-19国家安全保障委員会は、オーストラリアの国境禁止を緩和する前に、10月までにシステムを稼働させるため、水曜日の夜にトラベルパスについて話し合いを行いました。

 

オーストラリアへの旅行が認められているワクチンは、治療製品局(TGA)によって承認されたものになります。

現在、TGAによって承認されているワクチンには、アストラゼネカ、ファイザー、モデルナ、ジョンソン・エンド・ジョンソンが含まれます。

連邦政府はまた、ワクチン接種を証明するための世界標準として「目に見えるデジタルseal」を使用して、国連の機関である国際民間航空機関が支援する、国際アプリにサインアップすると伝えられています。

テハン貿易相は、これはオーストラリアのシステムが「途切れなく」他の国に加わることを意味すると述べています。

 

 

NSWのグラディス・ベレジクリアン首相は9日、完全にワクチン接種された人々の自由へのロードマップを明らかにしました。

NSWが70%の完全ワクチン接種目標を通過した後の月曜日の10月25日から、ロックダウンが解除される見通しですが、状況が大幅に変化した場合、または指定されたエリア内のケースが高すぎるままである場合、ロードマップはさらに微調整および健康に関するアドバイスの対象となります。

 

WAのマーク・マガウワン首相は、WAを国の他の州と世界に再開することについて保守的です。

公式の見積もりはありませんが、マガウワン首相は国内の国境を数ヶ月間閉鎖し続けることができます。

ビクトリア州の地域の封鎖は9日に解除されました。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す