オーストラリアへの留学希望者へ:私たちがこれまでに知っていること

オーストラリアへの留学希望者へ:私たちがこれまでに知っていること

留学生のオーストラリアへの帰国を促進するパイロット計画に関する最新ニュースです

ご訪問ありがとうございます。

 

出所です。

Travel to Australia for international students: What we know so far

 

留学生のオーストラリアへの帰国を可能にするパイロット計画が、いつ開始されるかは、まだわかりません。

留学生のオーストラリアへの帰国を促進するパイロット計画に関する最新ニュースです。

 

NSWのパイロット計画

以前、ニューサウスウェールズ(NSW)首相のグラディス・ベレジクリアン氏は、州が封鎖された状態では、留学生のオーストラリアへの帰国を促進するためのパイロット計画を一時停止すると発表しました。

計画では、250人の学生が2週間ごとにチャーター便で飛行します。

グレーターシドニーの封鎖により、留学生のオーストラリアへの帰国計画は、少なくとも9月末まで延期されます。

 

ビクトリアのパイロット計画

SBSパンジャブの問い合わせに応えて、州政府のスポークスパーソンは、ビクトリア州が連邦および教育機関と協力して、安全で合理的​​な時期に留学生を歓迎すると述べています。

「最終決定されると、私たちの留学生到着計画は、留学生の段階的な帰国を導きます。そして私たちがそうする立場にあるとき、私たちはもっと言う必要があります」と、スポークスマンは述べています。

 

南オーストラリアのパイロット計画

6月、南オーストラリア州の首相であるスティーブンマーシャルは、留学生を州に戻すパイロット計画が連邦政府によって承認されたことを確認しました。

計画によれば、最大160人の学生が州に飛行機で運ばれ、パラフィールド空港の施設で検疫されます。

マーシャル氏は、この計画は現在の上限を超えて行われるため、帰国するオーストラリア人に影響を与えることはなく、教育機関と学生が飛行と検疫の費用を負担すると述べています。

州政府のスポークスパーソンはSBSパンジャブに、南オーストラリア州政府はオーストラリアのすべてのCOVID-19安全衛生プロトコルを満たす計画の、ロジスティクスに取り組んでいると語りました。

「南オーストラリア州政府は、留学生が実行可能で安全になり次第、教育の旅を続けるために帰国することを引き続き約束しています。留学生は、情報を得るために教育機関からの通信を監視することをお勧めします」と、スポークスパーソンは述べています。 

 

 

オーストラリアの連邦教育大臣アラン・タッジ氏は、タイムズ・ハイアー・エデュケーションのイベントで、留学生の上限付き入国を許可するための国境の再開を検討する前に、オーストラリアは成人人口の70%から80%にワクチン接種する必要があると指摘しました。

タッジ大臣は、ワクチンの増加は留学生の摂取量と開始数の増加につながると述べ、これはクリスマスまでに起こる可能性があります。

NSWと南オーストラリア州は留学生を呼び戻すパイロット計画の承認を受けていますが、ビクトリア州は遅れているようです。

別の報告書で、ブルースの連邦議会議員で、国際教育議会の友人であるジュリアン・ヒル氏は、SBSヒンディーに次のように述べています。

「ほとんどの州や準州がそうであるように、ビクトリア州政府も議論を行っていると私は理解しています。しかし、最終的には、同じ問題に戻ります。安全な専用の検疫は十分ではありません」

ヒル氏によると、オフショアで立ち往生している留学生の卒業生と、485人のビザ保有者がたくさんいると言います。

彼は、留学生のオーストラリアへの帰国を許可するよう、政府に求めていると付け加えました。

大学での研究後の2年間の労働権(485ビザと言う、オーストラリアの大学を卒業したときにもらえるビザで、卒業生ビザとしても知られています。 このビザは卒業後、海外での就労経験を得られることから留学生にとても人気のあるビザです。 オーストラリア政府はこのビザを発行することで、留学生に2年の就労期間を設けられるようにしています)を持ち、オーストラリアでの生活に公正なチャンスがあります。

 

オーストラリアもなかなか一筋縄ではいかぬ様相ですね。。。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す