オーストラリア ビクトリア州のパイロット計画に具体的なものはありません
出所:Visit Melbourne Facebook

オーストラリア ビクトリア州のパイロット計画に具体的なものはありません

ニューサウスウェールズ州と南オーストラリア州によるパイロット計画とはまったく対照的

ご訪問ありがとうございます。

 

ホテル検疫で、オーストラリア人の帰国と被るのであれば、

ビクトリア州のパイロット計画はかなり後ろ倒しになりますね。

 

出所です。

Student housing unsuitable for quarantine: Victoria government

 

ビクトリア州政府は、専用の学生寮を検疫に適さないと判断したため、留学生はホテルの検疫を介してビクトリア州に入国すると、The Ageは報告しました。

これは、ニューサウスウェールズ州と南オーストラリア州によるパイロット計画とはまったく対照的です。

前者は、学生寮の建物を使用して、2週間ごとに最初の250人の留学生を隔離する計画ですが、南オーストラリア州では、2週間ごとに160人の留学生をアデレードの空港のキャビンスタイルの宿泊施設でホストする予定です。

 

メルボルンのミックルハムにある代替検疫サイトは、2022年初頭まで準備が整っていない可能性があります。

ミックルハム施設が最初の500床でオープンするまで、州当局は留学生をホテルの検疫のみを使用すると、The Australianは述べています。

 

ビクトリア州政府は、6月中旬に連邦政府に計画案を提出しました。

広報担当者は、計画の数やタイムラインなどの詳細をThe Ageに明かすことを拒否したが、「安全で合理的​​な時期に留学生を歓迎するために連邦と協力している」と述べました。

連邦政府のスポークスウーマンは、キャンベラが6月に提出した「草案」について、ビクトリア州当局にフィードバックを提供したと述べ、「その内容に関する質問は州政府に向けられるべきです。 教育部門は、ビクトリア州が計画を策定する際に、引き続き協力していきます」と語りました。

 

 

Scapeの共同創設者であるCraig Carracher氏は、専用の学生寮業界グループを率いています。

パイロット計画を連邦に提出する前に、ニューサウスウェールズ州政府とやり取りをしました。

Carracher氏は、ビクトリア州政府は今年、業界グループの25の事業者に連絡していなかったと主張しました。

Carracher氏によると、Scapeは学生生活業界のプロバイダーで、Scapeの建物はほとんどのホテルよりも新しく、先月ビクトリア州のロックダウンを引き起こした、空中感染を防ぐことができる最新の換気システムで建設されています。

「学生寮がニューサウスウェールズ州にとって十分である場合、少なくとも考慮事項として、なぜそれがビクトリア州にとって十分ではないのかわかりません」と、Carracher氏はThe Ageに語りました。

これらはCOVIDコンプライアンス基準に基づいて建設されたが、誰も事業者と関わったり検査をしたりしていないため、Carracher氏はビクトリア州政府の根拠を疑問視ししています。

 

ビクトリア州政府のデータによると、国際教育は2019年に州で最大の輸出部門であり、137億オーストラリアドルに相当し、約79,000人のビクトリア州の雇用を支えています。

2019年には、25万人以上の留学生がビクトリアを訪れて勉強しました。

2020年12月には、パンデミックの影響により、その数は12万人に減少しました。

 

ニューサウスウェールズ州のグラディス・ベレジクリアン首相は最近、州がロックダウンされたままでは、留学生の帰国を促進するためのパイロット計画を、一時停止すると発表しました。

南オーストラリア州政府は、9月までに最初の留学生を飛ばすパイロット計画を進めることを計画していると、伝えられています。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す