オーストラリア 検疫?留学生の国籍に依存します
出所:Singapore Airlines Facebook

オーストラリア 検疫?留学生の国籍に依存します

シンガポール人は資格があると見なされるが、非シンガポール人はオーストラリアに到着したときに検疫が必要に

ご訪問ありがとうございます。

 

出所です。

Quarantine? Depends on students’ citizenship, says Australia

 

オーストラリアとシンガポールとの検疫なしの旅行協定は、国の国境協定の一貫性の欠如を浮き彫りにしました。

ウイルス感染のリスクではなく、国籍が多くの海外旅行者の入国要件を決定するためです。

 

協定に基づき、完全にワクチン接種されたシンガポールの訪問者で、過去72時間にCovid-19検査で陰性であった場合は、ニューサウスウェールズ州(NSW)やビクトリア州を含む高い免疫レベル(高ワクチン接種率)のオーストラリアの州に到着した場合、11月21日から検疫する必要はありません。

スコット・モリソン連邦政府首相は、ローマでのG20首脳会議の傍らで、シンガポールのリー・シェンロン首相との合意を確認した後、「オーストラリアは11月に完全にワクチン接種されたシンガポールの旅行者に門戸を開く」と、述べました。

 

シンガポール人は資格があると見なされるために、彼らがシンガポールで2週間を過ごしたという要件はありません。

しかし、シンガポールを離れる非シンガポール人は、COVID-19の発生前からシンガポールにいたとしても、オーストラリアに到着したときに検疫しなければなりません。

そのような人々には、シンガポールの4つのオーストラリアの大学支部キャンパスに在籍している非シンガポール人の留学生や、Kaplan、 Navitas、Singapore Institute of Managementなどの民間パートナーを介して、他の12以上のオーストラリアの大学からプログラムを実施している留学生が含まれる可能性があります。

これらの人々の多くはオーストラリアでの勉強を終えることを計画しています。

 

 

留学生の入国に関するNSWのパイロット計画に基づく最初のチャーター便がシンガポールを出発した後、シドニーに着陸すると予想される12月6日に、取り決めはさらにバラバラになります。

現在の取り決めでは、250人余りの留学生が2週間、市内郊外のレッドファーンの検疫に向かい、費用は1人あたり約AUD 9,000です。

オーストラリアのメディアは、留学生とプロバイダー間の混乱の高まりと、州政府機関InvestmentNSWの国際教育推進部門であるStudyNSWでの不満を反映して、NSWパイロット計画での留学生検疫要件についての矛盾を説明しています。

InvestmentNSWの広報担当者は、NSW政府は、留学生が海外旅行者に与えられるのと同じ自由を享受できるようにするための帰国留学生のプロトコルを明確にするために、連邦政府と連絡を取り合っています。更新があり次第確認すると述べています。

 

ビクトリア州に到着するほとんどの留学生も、帰国したオーストラリア市民と永住者が隔離する必要がなくなったとしても、検疫要件に直面しています。

 

モリソン連邦政府首相は、11月1日から完全にワクチン接種されたすべての海外旅行者の検疫要件を取り下げるという、NSWの首相ドミニク・ペロテット氏の10月中旬の約束を却下したとき、国籍を到着条件の要因にし、オーストラリア市民と永住者だけがそのような自由を享受するだろうと主張しました。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す