カナダ 大学・カレッジへの留学生は多様性を失っている?
出所:Toronto Star Newspapers Ltd.

カナダ 大学・カレッジへの留学生は多様性を失っている?

インドと中国からの留学生で半数を占める

ご訪問ありがとうございます。

 

出所です。

Canada’s international students are becoming less diverse. Here’s why Ottawa says that’s a problem

 

ますます多くの留学生が同じ国から来て、特定の学校のプログラムや州に集中しており、それはカナダの国際教育部門に問題を引き起こす可能性があると、新しい研究は述べています。

 

カナダ統計局は、2000年から2019年までの移民と高等教育後の学生情報データに基づいて、留学生の出身国と、それらの学生の学習レベルと学習地域が長年にわたってどのように進化してきたかを調査しました。

留学生はますます、より短く、より安価なカレッジプログラムに惹かれ、経営学、経営学、行政学が主要な研究分野になっています。

 

上位10か国の留学生の割合は67.9%から74.9%に増加し、インドの留学生は20年前のわずか2.7%から34.4%に急増しました。

留学生はますます、より短く、より安価なカレッジのプログラムに惹かれ、経営学、経営学、行政学が主要な研究分野になっています。

 

国際的な入学者数はすべての州で増加しましたが、オンタリオ州は一貫して留学生の最大のシェアを引き付け、その割合は2000年-2004年コホートのわずか37.4%から、2015年-2019年コホートでは48.9%に急上昇しました。

「その成長にもかかわらず、留学生の人口は、過去20年間で多くの点で多様性が少なくなっています」と、今週発表された研究は述べています。

 

 

長年にわたり、オタワはカナダの教育資格と潜在的な永住者としての実務経験を持つ人々を支持することを強く推進しており、留学生を永住権のパイプラインに変えています。

プログラムレベルでは、カナダ統計局の調査によると、小中学校の留学生の割合は減少していますが、大学および修士レベルで勉強することを目的とした割合の増加によって埋め合わせられました。

2019年、小学校レベルでの初めての学習許可保有者のシェアは5%で、2000年の10%から減少しました。

対照的に、カレッジのプログラムに参加している留学生は7%から41%に、修士号レベルの留学生は5%から10%に増加し、博士号レベルの留学生の割合は2%と安定しています。

2015年-2019年のコホートの中で、カレッジのプログラムには324,000人の留学生がいましたが、同じ期間の大学では246,000人でした。

 

過去5年間の大学・カレッジへの留学生の内訳は、以下の通りです。

  1. インド(34.4%)
  2. 中国16.5%
  3. 韓国(4.7%)
  4. フランス(4.5%)
  5. ブラジル(3.3%)
  6. ベトナム(2.7%)
  7. 日本(2.6%)
  8. 米国(2.6%)
  9. メキシコ(2.1%)
  10. ナイジェリア(1.9%)

 

で、留学生の割合がなんと、50%! 😯 

 

カレッジのプログラムに参加している留学生のうち、インド留学生は66.8%を占め、大学もインドからの留学生が、21.3%を占めました。

 

オンタリオ州は留学生のための競争の主な受益者であり、そのシェアは2000年の37.4%から2019年には48.9%に上昇しました。

一方、ブリティッシュコロンビア州は20年間で、31.1%から22.7%への最大の低下を見ました。

アルバータ州とケベック州もわずかに下落しました。

「将来的には、留学生の社会人口統計学的特性の傾向は、カナダの国際教育の持続可能な成長に影響を与える可能性があります」とカナダ統計局の調査は結論付けています。

 

ここまで極端だと、ちょっと問題かもしれませんね。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す