トランス・タスマンバブル8週間一時停止へ
出所:STUFF

トランス・タスマンバブル8週間一時停止へ

後で戻るとMIQに入らなければならないリスクがあり、需要のため空室を得ることができないかもしれない

ご訪問ありがとうございます。

 

出所です。

COVID-19: Quarantine-free travel with Australia paused for eight weeks

 

オーストラリアのいくつかの州が、COVID-19の伝染性の高いデルタ変異株の発生と闘うため、オーストラリアとの検疫なしの旅行は8週間停止されますと、ジャシンダ・アーダーン首相とCOVID-19対応大臣クリス・ヒプキンス氏は23日金曜日に発表しました。

金曜日の午後11時59分から、オーストラリア人はニュージーランドへ、検疫なしで入国できなくなります。

アーダーン首相は金曜日の午後の記者会見で、ヒプキンス大臣と保健局長のアシュリー・ブルームフィールド博士とともに、少なくとも今後8週間は一時停止が続くと確認しました。

一時停止は、8週間の期間の後に見直されます。

アーダーン首相によると、一時停止の評価は、ニューサウスウェールズ州で特に深刻な発生が封じ込められているかどうか、全体的な症例数、新しい感染が関連しているか、原因不明であるかが考慮されます。

一時停止の修正は、ニュージーランドの排除戦略が「危険にさらされていない」ことを確実にするために行われるだろうと付け加えました。

内閣は22日木曜日の午後に召集され、トランス・タスマンバブルの取り決めの状況について話し合い、アーダーン首相によると、オーストラリアでの発生の拡大に基づいて、当局からの最新の公衆衛生アドバイスを受けて、トランス・タスマンバブルを一時停止するという決定が下されたと言います。

 

今後7日間、ニュージーランド人の管理された復路便はすべての州と準州から出発します。

旅行者は出発前に陰性検査の証明が必要になります。

その7日間の期間の後、オーストラリアから帰国する人は、ニュージーランドに到着したときに、管理された隔離および検疫(MIQ)施設に入る必要があります。

ただし、ニューサウスウェールズに滞在したことがある人は、MIQで14日間を完了する必要があります。

ビクトリアにいた人は、ニュージーランドに到着したときに自己隔離し、3日目のテストで陰性を返す必要があります。

MIQシステムのスペースはすでに非常に限られており、需要が高いため、保健当局は適格なニュージーランド人に遅滞なく帰国するよう促しています。

 

「現在、複数の発生があり、封じ込めのさまざまな段階で、3つの州が封鎖されています。これらの症例によるニュージーランド人の健康リスクは高まっています」

「ウイルスが進化するにつれて私たちの対応も進化するといつも言ってきました。これは私たちが軽視した決定ではありませんが、ニュージーランド人を安全に保つための正しい決定です」

「今こそ、ニュージーランド人がCOVID-19による過度のリスクにさらされないようにし、苦労して獲得した利益を維持できるようにするための停止の時期です。500万人のチームは、健康と経済の両方で、強力な立場に立つために懸命に取り組んできました。 私たちはそれを危険にさらすことはありません」と、アーダーン首相は述べました。

 

アーダーン首相は、政府がトランス・タスマンバブルの再開を望んでいることを確認しました。

「私たちは引き続きこれに取り組んでおり、今朝、オーストラリアのスコット・モリソン首相と話をしたとき、私はこの見解を直接伝えました。しかし、それは安全でなければなりません」

 

ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、南オーストラリア州からのトランス・タスマンバブルは、州がそれぞれのウイルスの発生を制御するために取り組んでいるため、全国的な一時停止の前にすでに中断されていました。

ただし、ACT、ノーザンテリトリー、クイーンズランド、タスマニア、西オーストラリアからの旅行は引き続き許可されていました。

 

しかしながら、22日木曜日に、ニューサウスウェールズ州で驚異的な136件のCOVID-19の新規症例が報告されました。

これは、発生が始まってから1日で最も多い数で、それらのうち、53人はコミュニティ感染でした。

南オーストラリア州のクラスターも、2つの新しい症例が検出された後、22日木曜日に拡大し、発生は14人になりました。

23日金曜日の早朝、ビクトリア州の保健当局は、地元で取得された14人の新しい症例(すべて現在の発生に関連している)が検出されたと発表し、そのうち 14件中10件は、感染期間全体を通じて隔離されていました。

 

 

マネージド・リターンフライト

7月23日金曜日の午後11時59分から7月30日金曜日の午後11時59分まで、オーストラリアの低リスクから中リスクの州の旅行者は、到着時にMIQに入る必要のないマネージド・リターン・グリーンフライトが最初に促進されます。

 

クイーンズランド州、南オーストラリア州、タスマニア州、西オーストラリア州、ACT、ノーフォーク島からの旅行者は、以下の公衆衛生基準に従って、グリーンフライトで帰国できます。

  • ニュージーランドへの帰国日から72時間以内に行われた出発前の陰性検査
  • 過去14日間、感染が疑われる場所にいなかった
  • 旅行時に症状がない
  • COVID-19ケースの濃厚接触者ではありません

 

ビクトリア州からの適格な人々、またはビクトリア州に滞在した他の州や準州から帰国する旅行者も、次の条件を満たせば帰国できます。

  • ビクトリア州の封鎖措置を遵守する
  • ニュージーランドに戻ったら自己隔離し、3日目に検査を受ける
  • フェイスマスクを着用し、安全な旅行で空港に移動し、それは、公共交通機関ではありません

 

ニューサウスウェールズからの適格な人々は、既存の管理された帰りのフライトで戻ります。これらのフライトの帰国者は、ニュージーランド到着後少なくとも14日間MIQに入る必要があります。

管理されたすべての復路便の旅行は、以下に制限されます。

  • ニュージーランド国民および居住クラスビザの保有者
  • 2021年4月5日以降に最後にニュージーランドを出国した一時ビザの保有者とオーストラリア市民
  • 2021年4月5日以降にニュージーランドを最後に出国したオーストラリア政府が発行した現在の永住ビザ(居住者帰国ビザを含む)の保有者

 

上記のカテゴリーにリストされている人々の関連する家族。関連する家族は、配偶者、シビルユニオンのパートナー、事実上のパートナー、扶養されている子供、または扶養されている子供の親です。親は、扶養されている子供に関して、子供が依存している人を意味します。

 

すべての旅行者は、入国後のCOVID-19の症状を注意深く監視し、NZ COVIDTracerアプリまたは別の形式のdiaryを使用してコンタクトトレーシングの記録を注意深く保持するように求められます。

同様に、症状のある人は誰でも家にいて検査を受け、陰性の検査が返されるまで隔離されたままでなければなりません。

詳細については、Unite AgainstCOVID-19 のWebサイトにアクセスしてください。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す