ニュージーランドで発見された迷子になった南極のペンギン
出所:BBC

ニュージーランドで発見された迷子になった南極のペンギン

最初はぬいぐるみだと思ったのですが、突然ペンギンが頭を動かしたので、本物だと気づきました

ご訪問ありがとうございます。

 

出所です。

Rare Antarctic penguin accidentally travels 3,000km to New Zealand

 

ペンギンは、自然の生息地である南極から少なくとも3,000 km離れたニュージーランドの海岸で、生息しているのを発見されました。

 

地元の人から愛情を込めて「ピングー」と名付けられたアデリーペンギンは、海岸で迷子になっているのが見つかりました。

ピングーを見つけた地元住民のハリー・シン氏は、最初は「ぬいぐるみ」だと思ったと語りました。

ニュージーランドの海岸で発見されたアデリーペンギンは、今回で3回目です。

 

シン氏と彼の妻は、クライストチャーチの南にある集落であるバードリングス・フラットのビーチで一日を過ごした後、歩いていたときに最初にペンギンに出会いました。

「最初はぬいぐるみだと思ったのですが、突然ペンギンが頭を動かしたので、本物だと気づきました」と、シン氏はBBCに語りました。

シン氏のフェイスブックページに投稿されたペンギンの映像は、ペンギンが迷子になって一人でいるように見えます。

「ペンギンは1時間近く動かなかったので、見た目は疲れ果ててるようだった」と、シン氏は述べています。

シン氏は、ペンギンが海に戻らないのを見かね、砂浜にいる肉食動物の標的にならないよう、ペンギンを救助している人に電話をかけました。

「犬や猫の胃に収まってほしくなかった」と、シン氏は述べています。

 

シン氏は最終的に、ニュージーランドの南島で10年にわたってペンギンの野生復帰事業を行っているトーマス・ストラック氏に連絡をしました。

ストラック氏は、ピングーがアデリーペンギンだと知って衝撃を受けました。

アデリーペンギンは、南極大陸西部の南極半島にのみ生息しているとのことです。

ストラック氏はその日のうちに、獣医師と共に現場に駆け付け、ピングーを保護しました。

 

ピングーの血液検査の結果、標準よりもわずかに体重が少なく、脱水症状に陥っていたため、水分補給とチューブによる餌やりが行われています。

ピングーは今後、犬のいないバンクス半島の安全な海岸に放される予定です。

 

 

この発見は、1993年と1962年の過去の2回に続いて、ニュージーランドの海岸でアデリーペンギンが発見された歴史上3番目の出来事です。

ニュージーランドではアデリーペンギンが目撃されることは依然としてまれですが、将来さらに多くのアデリーペンギンが出現する場合、それは心配な兆候である可能性があると専門家は言います。

 

オタゴ大学の動物学教授フィリップ・セドン氏はニュースサイトのガーディアン紙に、「もし毎年アデリーペンギンがニュージーランドにやってくるようになった場合、海に何らかの異変が起きていると考えなければならない」と、語りました。

「研究が進めば、ペンギンの行き先や行動、頭数の傾向などが分かるはずです。そうすれば海の生態系全般の健全性について、私たちに何かを教えてくれるでしょう」

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す