ニュージーランドの国境開放への見解
出所:The University of Auckland Facebook

ニュージーランドの国境開放への見解

ほとんどの人が、2月下旬または3月上旬に始まるか、他の人は年の半ばの可能性が高いと考えています

ご訪問ありがとうございます。

 

出所です。

Overseas student hopes rise as New Zealand plans for open borders

 

ニュージーランドの「再接続」ロードマップは、国際教育業界に息吹を吹き込む可能性があります。

ジャシンダ・アーダーン首相は、政府が、世界への再開に向けてとろうとしている措置の、概要を説明しました。

今年の集団ワクチン接種プログラムに続いて、2022年に国際的な到着が再開されます。

 

政府は、年末までに16歳以上のすべての地元住民に接種するのに十分な在庫があると述べています。

そして2022年から、旅行者は、出発国でのワクチン接種状況と感染レベルに基づいて、3つの「経路」を経由して、ニュージーランドに入ることが許可されます。

低リスクの国で少なくとも2週間過ごした、ワクチン接種を受けた人々は、検疫なしで入国が許可されます。

そして、中リスク国の人々は、短期または、利用できる在宅隔離を備えています。

 

しかし、ニュージーランドは、その「排除」戦略を維持するつもりであると、アーダーン首相は語りました。

「パンデミックは海外で激しさを増し、ウイルスは変化し、変異し続けていますが、私たちにできる最善のことは、選択肢を広げたまま、これまでに達成された利益を固定することです」

「ゼロのケースはありませんが、コミュニティにケースがあれば、それを粉砕します。 それは、今後6か月間、Covid-19の紆余曲折を監視しながら、通常の生活を維持するための最良の方法です」

 

 

オークランド大学の国際理事であるブレット・バーキスト氏は、このアプローチは、セクターが予想していた通りだったと述べました。

出所:The University of Auckland

 

「それは私たちが政府に期待していることです。科学、健康、政策の専門家からのアドバイスに基づいて、私たちが行きたい場所を明確に表現し、そこに到達する方法を計画しています」

「政府は、委託したアドバイスを受け、内閣レベルでいくつかの決定を下し、すぐに長期計画が何であるかを国民と共有するように動きました。この分野の私たち​​には、健全な計画であるように思われますが、重要な詳細があります」

重要な詳細の1つは、タイミングです。

国境が、早ければ1月に再開する可能性があると楽観視している人もいますが、ほとんどの人が、2月下旬または3月上旬に始まるか、他の人は年の半ばの可能性が高いと考えています。

 

もう1つの重要な詳細は、国、特に中国のリスク評価です。

ニュージーランドの8つの大学への海外入学者の43%は、中国です。

中国は、最もリスクの低いカテゴリーに、入る可能性があるとの憶測がありましたが、インサイダーは中程度の評価を出しました。

 

ニュージーランド国内では、ワクチンへの躊躇が、かなりあり、政府が軽微な発生を封じ込めるために、厳しい封鎖を課す準備をしているため、今の自由は、すぐに中断される可能性があります。

しかしながら、バーキスト氏は、ウイルス管理の成功と、政府の一貫したコミュニケーションを「高く評価」していると述べました。

「しかし、それを長期的に考えるのは無理でしょう。ニュージーランドは、過去18か月間、100%ウイルスのない環境を維持しています。柔軟性を高める準備をし、計画的な方法で、物事が移行するタイミングを管理することです」

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す