ニュージーランドの大学 ワクチン義務化の状況
出所:AUT - Auckland University of Technology Facebook

ニュージーランドの大学 ワクチン義務化の状況

オンライン教育では、誰にも教育を拒否することはありません

ご訪問ありがとうございます。

 

出所です。

Most New Zealand universities opt for compulsory vaccination

 

ニュージーランドの大学のいくつかは、合法性についての質問にもかかわらず、ワクチンの義務化を受け入れています。

 

協議により、強制免疫に対する広範な支持が明らかになり、副学長は、選択肢がほとんどないと結論付けています。

ビクトリア大学ウェリントン校(VUW)は、キャンパスへの入学または対面活動への参加の条件として、完全なワクチン接種を要求する最新の大学になりました。

義務化は1月31日からスタッフ、学生、請負業者、訪問者に適用され、医療上の理由で免除が検討され、規則を定期的(3ヶ月毎)に見直すことが約束されています。

 

オークランド、マッセイ、オタゴ、ワイカトの各大学は、日付と詳細は異なりますが、同様の規則を発表しました。

リンカーン大学は、2月14日から同様の体制を実施する提案についてのフィードバックを求めています。

カンタベリー大学はその選択肢を開いたままにしており、現在、提携している学生寮に住んでいる場合や、学習や教育に直接関係のない大学のイベントに参加している場合は、ワクチン接種を義務付けています。

オークランド工科大学(AUT)では、スタッフ、請負業者、訪問者、学生寮の居住者にワクチン接種を義務付けています。

AUTは、Government Covid Protection Framework(信号機システムとも呼ばれます)に基づく運用について、高等教育機関向けの教育省ガイドラインに従います。AUTは、コミュニティの安全と健康を維持するためのアドバイスに基づいて政府から義務付けられている場合、各信号機(赤、オレンジ、緑)の要件に従って動作します。

オレンジ、緑の高等教育施設には、政府によるワクチン接種の要件はありません。

 

 

8つの大学のほとんどがリスク評価を完了し、ワクチン接種の要件についてスタッフ、学生、組合、その他の利害関係者に相談しました。

政府が高等教育機関ではなく学校の労働者に義務を定めた後、ワクチン接種はニュージーランドの大学にとって難しい問題となりました。

強制ワクチン接種に対する潜在的な法的障害には、ニュージーランドの人権法との対立の可能性が含まれます。

Covid抗体が不足しているために障害者とみなされる人々を差別する義務が見つかった場合、強制的な取り決めは、プライバシー法や公平なアクセスの原則に反する可能性があります。

一方、ワクチン接種を実施しなかった場合、大学は労働安全衛生法および国内学生の code of practice for pastoral care に違反する可能性もあります。

このコードは、2019年に学生寮で10代の学生の死が何週間も見過ごされた後に導入されました。

 

VUNのギルフォード教授は、「不可避の訴訟が提起され、これらの事柄が試されるまで」、法的な矛盾は未解決のままである可​​能性があると述べています。

しかし教授は、VUWでの決定は最終的には単純だったと述べ、 「私は人権問題について法廷にいることに気付くかもしれませんが、健康と安全および code of practice for pastoral care についても法廷にいることに気付く可能性があります。後者の場合、大学と私に対する訴訟は、Covidの流行による誰かの命の喪失、または健康や家族への損害についてのリスクが高くなります。私はむしろ、人権侵害と健康と安全の侵害に関する私の決定を擁護したいと思っています」

 

教授は、 「オンライン教育では、誰にも教育を拒否することはありません。禁止されるのは、私たちの施設へのアクセスだけです」

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す