ニュージーランドは、第3のスーパーマーケットチェーンが必要になるかもしれない
出所:Discovery New Zealand

ニュージーランドは、第3のスーパーマーケットチェーンが必要になるかもしれない

ニュージーランドの小売りは、ほぼ2つのグループの「複占」です

ご訪問ありがとうございます。

 

出所です。

Duopoly: The numbers behind the Commerce Commission’s call for a third supermarket retailer

Commerce Commission reveals major retailers earning ‘persistently high profits’

Govt welcomes draft report on the retail grocery sector

 

ニュージーランドの主要小売業者の、Woolworths NZとFoodstuffsは「複占」状況です。

複古とは、ある財や商品の供給者が2社しか市場に存在しない状態である。1社のみの場合は独占という。詳しくは、こちら から

 

Woolworths NZは、Countdown、Fresh Choice、SuperValueを、

Foodstuffsは、Pak’nSave、Four Square、New Worldを展開しています。

 

29日木曜日、商務委員会は、小売食料品部門での競争が消費者にとってうまく機能していないことを発見しました。

ドラフトレポートでは、「複占」は消費者、食品生産者、さらに大きなプレーヤーが市場に参入する可能性を抑えていると述べ、競争がより効果的である場合、小売業者は、多様な消費者の好みを満たすために適切な価格、品質、および範囲を提供するという強い圧力に直面するだろうと述べました。

また、自然の競争を通じて「複占」を打破する試みがうまくいかない場合、第3のスーパーマーケットチェーンの意図的な創設が必要になるかもしれないと示唆しました。

 

その根拠となった数字は以下の通りです。

90%
両社(Woolworths NZとFoodstuffs)の市場シェアの割合(少なくとも)

 

220億ドル
ニュージーランドの食料品市場の規模

 

234ドル
1週間あたりの世帯の平均支出

 

300万人
Countdownが所有する店舗で毎週買い物をしている人数

 

330万人
Foodstuffsが所有する店舗で毎週買い物をしている人数

 

251店舗
Woolworths NZが、直接所有またはフランチャイズしている店舗の数

 

400店舗以上
Foodstuffsが、直接所有またはフランチャイズしている店舗の数

 

21.6パーセントと23.8パーセント
2015年から2019年の間に「複占」によって「使用された平均資本利益率」。これは、商務委員会の通常の収益率の見積もりである4.6〜6.1%をはるかに上回っています

 

5.4パーセント
2019年のFoodstuffs South Islandの金利税引前利益率は、国際利益率の3.1%をはるかに上回っています(2011年の同社の利益率はさらに高く、ほぼ7%でした)

 

95パーセント
キウイの何パーセントが、メインショップとして、Countdownまたは、Foodstuffsが運営する店舗を使用しています

 

 

ドラフトレポートに関する情報は、商務委員会のWebサイトで入手できます。

助言や意見は4週間開いており、8月26日までです。

委員会は2021年11月23日までに調査に関する最終報告書を発表し、政府は消費者により良い結果をもたらすためにどのような変更が必要かを検討します。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す