ニュージーランド政府 11/1の発表
出所:New Zealand Now - Immigration NZ Facebook

ニュージーランド政府 11/1の発表

入院中の人々の多くは、COVID-19以外の理由で入院→PCR検査→COVID-19陽性と診断されている

ご訪問ありがとうございます。

 

出所です。

As it happened: Latest on COVID-19 community outbreak – Monday, November 1

Coronavirus: Bloomfield, Ardern positive on NZ’s COVID-19 future amid vaccine impact on cases, hospital and ICU rates

Covid-19 update on 2 November: 126 new community cases today

 

ジャシンダ・アーダーン首相とアシュリー・ブルームフィールド保健局長は、ニュージーランドのCOVID-19の見通しについてバラ色の絵を描いています。これは、高いワクチン接種率がその価値を証明し始め、国が今後数週間で、自由の拡大に向けて順調に進んでいるためです。

 

症例数は増加していますが、入院は同じ割合で増加していません。そして重要なことに、ICUを必要とする人々の数は少ないままです と、ブルームフィールド保健局長は述べています。

入院の殆どは、ワクチン未接種者です。ブルームフィールド保健局長は、ワクチン接種を受けている人も、COVID-19に感染しますが、ワクチンの効果は「非常に高いまま」であると述べています。

 

ブルームフィールド保健局長は、症例数はかつてないほど高いレベルにあるものの、デルタに感染した人々の総入院数は大幅に減少していると語りました。

実際、入院中の人々の多くは、COVID-19以外の理由で入院していますが、たまたまCOVID-19と診断されています。重要なことに、ICUまたはHDUレベルのケアを受けている人の数は、本当に非常に少ないです」

ブルームフィールド保健局長は、デルタ発生中の低い死亡率(8/17-11/1の期間、2名)は、ワクチン接種状況、酸素などの治療、および症例の若い年齢を反映しており、先週の症例のうち65歳以上は22例に過ぎないと述べています。 

 

 

アーダーン首相は、簡単なメッセージは、あなたが物事をやりたいのなら、特に夏を超えたいのなら、すぐにワクチン接種を受ける必要があるということだと、述べています。

アーダーン首相は、COVID-19の状況について前向きで、キウイに、ウイルスを恐れる必要はないことを告げ、そして、月末までにデジタルワクチン証明書を使用できるようにすることを誓います。

アーダーン首相は、ワクチン接種と非ワクチン接種の社会的結束について、心配しているかどうかの質問に対しては、「分断」が生じない世界を見つけるのは難しいと述べています。

 

一方11/2、オークランドの高齢者ケア施設で、さらに2人のスタッフが、Covid-19の検査で陽性となり、これにより、アクティブなケースの総数は12件となりました。

以前の報道 で

high levels of vaccination among residents of the home, and all staff are fully vaccinated

とありましのたので

完全にワクチン接種されていると思われますが

ブレイクスルー感染のクラスターが発生もしています。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す