ニュージーランド デルタ アウトブレイクの影響
出所:Radio New Zealand

ニュージーランド デルタ アウトブレイクの影響

学習認識クレジットの再導入など、さらに変更が加えられる可能性がある

ご訪問ありがとうございます。

 

昨年の経験があったからか、今回の決断が早かったですね。

ニュージーランドの高校生は、これで少しは安心できます。

 

出所です。

NCEA exam two-week delay a ‘breathing space’ for students

 

NZQAは昨夜、外部試験スケジュールの大幅な変更や、その他の重要な評価ポイントを概説した声明を発表しました。

警戒レベル4の封鎖によって引き起こされた混乱を認識して、試験は11月22日月曜日に始まり、12月14日金曜日に終了することを各高校に伝えました。

 

先週、COVID-19のデルタバリアントのコミュニティケースは、ニュージーランド中の何千人もの学生に混乱を引き起こし、学生の不安を増大させています。

したがって、年末の試験やポートフォリオ(作品)の提出など、一部の評価に関する日付とプロセスを変更することが合意されています。

国全体がアラートレベル4にあるため、これらの日付の変更はニュージーランド全体に適用されます。

 

年末のNCEAおよびNZ奨学金試験の日付は2週間遅れ、11月22日月曜日から12月14日火曜日まで実施されます。

ポートフォリオ(作品)提出の期日も2週間延期されます。

これらの2つの変更により、生徒と高校は年末に向けて準備する時間を増やすことができます。

 

高校はまた、NZQA検証のためにレベル1またはレベル2の芸術系などのポートフォリオ(作品)を提供する必要はありません。

これは、生徒が作業を終了し、教師がそれをマークするためのより多くの時間があることを意味します。

 

 

高校の校長協会のヴォーン・クイロー会長は、クリスマス休暇に近づきすぎて採点が困難になるため、試験が2週間以上遅れることはないと予想していると語りました。

 

政府機関が追加のクレジットの提供など、NCEAのさらなる変更の可能性について話し合っていると述べ、追加のクレジットが先に進むなどの変更が行われる可能性が非常に高いと信じていると述べています。

封鎖がどのくらい続くかが明確になったら、学習認識クレジットの再導入など、さらに変更が加えられる可能性があることを示しました。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す