ニュージーランド リスクベースの国境が2022年第一四半期からオープン

ニュージーランド リスクベースの国境が2022年第一四半期からオープン

私たちの究極の目標は、ワクチン接種を受けたすべての旅行者が、検疫なしで旅行できるようにすることです

ご訪問ありがとうございます。

 

出所です。

Covid-19: Risk-based border to open from early 2022 – PM Jacinda Ardern

 

ニュージーランドは今年、ワクチン接種を受けた人々に対してMIQの代わりに自己隔離のテストを開始し、2022年初頭から低、中、高リスクの入国経路に基づく、新しい国境システムが開始されると、政府は発表しました。

ワクチン接種も9月1日から、すべての対象年齢に開放され、政府がその排除戦略を継続しているため、1回目と2回目の接種の間隔は、3週間ではなく6週間に移動します。

 

政府は、ニュージーランドと世界の他の地域との再接続に関する、昨日のスケッグ卿の報告に応えました。

この報告書は、デイビッド・スケッグ卿が率いる、公衆衛生専門家のグループによる研究に基づいており、世界への開放を開始するにはワクチンの完全な展開が必要であると警告しました。

 

報告書とそれに対する政府の対応に関するフォーラムが今朝、ウェリントンで開催され、国境管理に関する政府の4段階の計画が明らかにされました。

ジャシンダ・アーダーン首相は、政府は今年の後半にできるだけ多くの人々にワクチン接種を行い、ワクチン接種を受けた場合は、管理された隔離施設ではなく、自宅で隔離させることを試みると述べました。

「すでに発表されているように、50歳以上は8月13日金曜日から、40歳以上は8月18日水曜日に、30歳以上は8月25日水曜日に、9月1日からすべての対象年齢に対応します」

 

アーダーン首相によると、「中リスクの経路に備えるために、政府は今年の後半に自己隔離パイロットを実行して、このツールを安全に使用するためのプロセスとシステムをテストします。海外にスタッフを派遣する必要のある企業や組織は、2021年10月から12月にかけて実施されるパイロットへの参加に関心を示すよう招待されます」

自宅での隔離テストは、10月から12月にかけて行われる予定で、これに参加できるのは、ニュージーランドでワクチン接種を受け、承認された国へ、短期間に行く人だけです。

 

アーダーン首相は、新しい国境システムが、人々のリスクを個別に評価すると発表しました。

  • 低リスク:低リスク国からのワクチン接種を受けた旅行者:隔離は必要ありません
  • 中リスク:中リスク国からのワクチン接種を受けた旅行者:隔離要件の変更
  • 高リスク:ワクチン未接種の旅行者および高リスク国からのすべての旅行者:MIQで14日間

 

このシステムはまた、ニュージーランドに来る旅行者のために出発前のテストとさらなるテストを必要とし、ワクチン接種の展開をスピードアップするための動きに支えられます。

「旅行者がどの経路をたどるかは、彼らがどこから来たのか、そして彼らのワクチン接種状況に関連するリスクに基づいているでしょう」

「国はリスクに応じてグループ化されます。考慮される要因は、症例数、懸念の多様性の有病率、予防接種率、および発生を管理するための国の戦略に対する私たちの信頼です。私たちはすでに非常にリスクの高い国へのアプローチから始めています。 しかしこれは拡大されるでしょう」

 

 

4段階計画は、現在の状況を第1段階とし、迅速な対応と対象を絞ったワクチン接種を行い、より多くの人々にワクチン接種を行い、自己隔離スキームやその他の対策を試行する第2段階に移行します。

第3段階では、個別のリスクベースの国境を導入し、封鎖の可能性を低くします。

第4段階では、ワクチン接種を受けた旅行者が、陰性テストを返した後、検疫なしの旅行の資格を得ることになります。

「私たちの究極の目標は、ワクチン接種を受けたすべての旅行者が検疫なしで旅行できるようにすることです。しかし、私たちはまだ完全に再開する立場にありません」と、アーダーン首相は述べています。

 

アーダーン首相は、内閣は、旅行者の健康宣言の作成(到着と出発)と、迅速な国境検査を優先することに同意したと、述べました。

宣言では、旅行者がニュージーランドに到着する前に、ワクチン接種情報などの情報をアップロードする必要があります。

最初は、手動バージョンが開発され、後でデジタルシステムに更新されます。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す