ニュージーランド ワクチン副反応アップデート
出所:Ministry of Health - Manatū Hauora Facebook

ニュージーランド ワクチン副反応アップデート

4人のうち、情報が不十分なため、2人の死亡を評価できず、残りの2人の症例はまだ調査中

ご訪問ありがとうございます。

 

出所です。

Covid 19 coronavirus: Serious side effects still being reported after vaccinations

COVID-19: Chris Hipkins confirms ‘handful’ of Kiwis have had ‘severe reaction’ to Pfizer vaccine

 

COVID-19対応大臣のクリス・ヒプキンス氏は、「一握りの」キウイがファイザーワクチンによる「重度の」副反応を経験したことを確認しました。

COVID-19ワクチンの副反応は、頭痛、倦怠感、吐き気などの小さな問題から、AstraZenecaワクチンに関連する血液凝固などのより深刻な反応まで、世界中で報告されています。

 

副反応を報告した人の数を尋ねられたとき、ヒプキンス大臣は「少数の人が重度の反応を報告し、より多くの人が軽度の症状を報告したと述べました。

これらはすべて記録されており、有害反応モニタリングセンター(CALM)のWebサイトで公開されています。

Medsafeからの最新の安全性レポート(2021年2月20日から6月5日まで)では、合計744,883回のワクチン接種のうち、免疫化後の有害事象の報告が4,521件あることが確認されました。

これらのうち、4,341件は深刻ではなく、180件は深刻でした。

 

Medsafeによると、深刻な報告の多くにはアレルギー反応が含まれていましたが、その他の問題には、反応原性(インフルエンザ様疾患)、脳卒中、肺塞栓症、血栓症、視力低下、発作、顔面神経麻痺、出血などがあります。

最も一般的な10の有害事象は次のとおりです。

 

  1. 頭痛:1,690件の報告
  2. めまい:1,321件の報告
  3. 吐き気:1,121件の報告
  4. 発熱:1,103件の報告
  5. 無気力:1,067件の報告
  6. 注射部位の痛み:915件の報告
  7. 筋骨格系の痛み:523件の報告
  8. 暑いもしくは、寒い:423件の報告
  9. しびれ:306件の報告
  10. 胸部不快感:291件の報告

 

 

最新のアップデートに含まれている深刻な報告のうちの2つは死亡でした。

報告によると、ワクチンに関する安全上の懸念は提起されていません。

報告された死亡についての要約によると、今年の6月5日までのComirnatyワクチン(ファイザーワクチンとしても知られる)投与後、合計8人の死亡が報告されました。

「CALMとMedsafeによる医学的評価の結果、これらの死亡のうち4人がCovid-19ワクチンに関連している可能性は低いと判断されました。

「情報が不十分なため、2人の死亡を評価できませんでした。そして2人の症例はまだ調査中です」

報告書はさらに、「偶然に」、ワクチン接種直後に、特に高齢者である場合、新しい病気を経験したり、既存の状態で死亡したりする人もいると指摘しています。

 

「したがって、私たちのレビュープロセスの一部には、ワクチンの安全性の懸念を示す可能性のある特定の傾向またはパターンがあるかどうかを判断するために、自然死亡率をワクチン接種後に観察された死亡率と比較することが含まれます」

報告によると、現在、ワクチンが報告された死亡を引き起こしたことを示唆する兆候はありません。

「これまでのところ、ワクチン接種後に報告された死亡数は、実際には予想される死亡数よりも少ない」と、ヒプキンス大臣は語りました。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す