ニュージーランド ワクチン強制はいつまで続く?
出所:100% Pure New Zealand Facebook

ニュージーランド ワクチン強制はいつまで続く?

ウエリントンで大規模な抗議行動が行われ、ワクチン義務化や職を失うことに、怒りと欲求不満を表明

ご訪問ありがとうございます。

 

出所です。

Jacinda Ardern on vaccine mandates: ‘Hard to know’ how long they will be used

Coronavirus live updates: Latest on COVID-19 community outbreak – Wednesday, November 10

All Auckland, Waikato schools to reopen 17 November

 

必須のワクチンは、今後しばらくの間、ニュージーランドの生活の一部になる可能性があり、ジャシンダ・アーダーン首相は、いつ解除されるかについて話すことを躊躇しています。

 

健康と教育の労働者の最初のワクチン接種の締め切りが迫っていて、来週の火曜日までに、資格のあるすべての人が最初の接種をし、1月1日までに2回目の接種を完了する必要があります。

しかしながら、すでに問題を指摘しているセクターの1つは教育部門であり、一部の学校は、期限までにすべての教師にワクチンを接種するのに苦労するだろうと警告しています。

これは、地方では状況が悪化する可能性があります。

 

火曜日までに最初の接種がなかった場合、教師は教室から追い出されることはないと、クリス・ヒプキンスCovid-19対応教育大臣は述べています。

「現在から年末までに完全にワクチン接種されてない場合は、完全にワクチン接種されるまで毎週検査を受ける必要があります。そしてもちろん、1月1日から、教室に戻る場合、教師は完全にワクチン接種を受ける必要があります」

 

9日、ウエリントンで大規模な抗議行動が行われ、多くの人がワクチン接種を余儀なくされたり、職を失うことに直面したりすることを予測して、怒りと欲求不満を表明していました。

 

アーダーン首相によると、「最終的には、他の国と比較して、私たちは非常に注意深く、これらの海外で見られるような義務化を使用していないと考えています。政府はさまざまな職場のリスクプロファイルを調べて、非常に注意深いプロセスを適用したが、それらをどのくらいの期間使用しなければならないかを知るのは難しい」と、述べました。

「もちろん、私たちは皆、これを私たちの歴史の中で繰り返さない期間にしたいと思っていますが、将来がどうなるかを知るのはとても難しいです」

 

 

アシュリー・ブルームフィールド保健局長は10日、ブースターショットが月末までに展開され始めることを述べました。

Medsafeは、ファイザーワクチンの3回目の追加接種を承認し、医療従事者、65歳以上の人、早期にワクチン接種を受けた人が優先されます。

 

 

教師が任務とその結果に対処している間、オークランドとワイカトのYear 1からYear 10までの子供たちの学校、保護者、生徒は、警戒レベル3の中で、まだ家から学び、いつ戻ることができるかについてのニュースを待っています。

 

ヒプキンス大臣10日、オークランドとワイカトのYear 1からYear 10の生徒が、11月17日から対面学習に戻ることを発表しました。

マスク着用は、Year 4以上の生徒が着用する必要があります。

 

ヒプキンス大臣はまた、再開する学校は公衆衛生のアドバイスに従い、適切な予防策を講じると述べました。

学校はフルタイムで開校することはできませんが、各学校の決定に応じて、生徒の間隔を空けるための隔日またはその他の手段が考えられます。

「ワクチン接種率が非常に高いため、リスクのバランスが変化しました。教師が月曜日から少なくとも1回のCovid-19ワクチン接種を受ける必要があることを含め、ワクチン接種率が上がるにつれて、生徒へのリスクは低下します」と、ヒプキンス大臣は述べています。

 

これでニュージーランド全土の生徒が、学校に戻れることになります。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す