ニュージーランド 隔離期間が11/16から変更されました
出所:Radio New Zealand

ニュージーランド 隔離期間が11/16から変更されました

完全にワクチン接種されていると見なされるには、少なくとも7日前に2回目の接種を受けている

ご訪問ありがとうございます。

 

出所です。

Fully vaccinated Covid-19 cases’ isolation period changes to 10 days

 

保健当局は、2回のワクチン接種を受けた人と「close contact」の隔離期間を短縮しました。

 

Covid-19の検査で陽性となったワクチン接種を受けた人は、10日間だけ隔離する必要がありますが、ワクチン接種を受けていない人は、14日間隔離する必要があります。

「close contact」として特定されたワクチン接種を受けた人は、7日間だけ隔離する必要がありますが、ワクチン未接種の近親者は10日間隔離する必要があります。

この変更は、ウイルスに感染するリスクが最も高いと保健当局が言う「household contacts」には適用されません。

 

副保健大臣のアイシャ・ヴァーラル氏は、Covid-19に感染した完全にワクチン接種された人々は、ウイルス性の遺伝物質の量がより早く減少するため、10日目以降ははるかに感染性が低いと説明しました。

「あなたがCovid-19を持っていて、ワクチン接種を受けているなら、それはあなたがはるかに速く感染を取り除くのを助けるでしょう」

 

ヴァーラル氏は、この変更はデルタバリアントの異なる伝送ダイナミクスも反映していると述べました。

デルタバリアントの潜伏期間は、わずか10日とはるかに短いことがわかっています。したがって、すべての接触者の隔離期間を短縮できます」

変更は16日から有効になる予定です。

完全にワクチン接種されていると見なされるには、少なくとも7日前に2回目の接種を受けている必要があります。

 

 

ヴァーラル氏は、隔離を離れる人は、少なくとも72時間は症状がない必要があり、陰性の検査を返していると述べました。

「他の国々が検査を支持して隔離を廃止したようなことはしません。これは依然として慎重なアプローチです」

変更は先月、保健局長のアシュリー・ブルームフィールドによって示唆されました。

ニュージーランドに到着する海外旅行者の管理された隔離期間も、15日日曜日に7日間に短縮され、旅行者はさらに3日間自宅隔離に費やす必要があります。

 

一方、保健省は現在、狭い範囲の状況でのみ「casual plus」のカテゴリーを使用します。

ヴァーラル氏は、そのカテゴリーでの感染の証拠はほとんどないと述べました。

「ある段階でこの発生の初期に、コンタクトトレーシングシステムで30,000人近くの「casual plus」コンタクトがあり、実際にCovid-19にかかるリスクは非常に低いことがわかりました(約0.1%≒約30人)

「変更されたのは、たとえばスーパーマーケットで感染者と出くわした偶然の接触など、非常にリスクの低い、大量の接触者を追跡をしないことです。データから、リスクが非常に低いことが分かったので、追跡カテゴリーを今のままにしておくと、一部の人が接触者としてずっと識別されることになります」

 

学校や企業は、Covid-19保護フレームワークへの移行の一環として、潜在的な密接な接触にさらされることを回避する方法についてアドバイスを受けるだろうと、ヴァーラル氏は述べています。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す