ハワイの失業率は9月に低下しましたが、全国平均を上回っています

ハワイの失業率は9月に低下しましたが、全国平均を上回っています

ハワイの9月の失業率は6.6%

ご訪問ありがとうございます。

 

出所です。

Hawaii’s unemployment rate dropped in September, but remains above national average

United States Unemployment Rate

 

ハワイの失業率は9月も引き続き低下しましたが、全国平均を上回っています。

労働統計局は先月の失業率を6.6%としています。

これは、2020年8月の7%と9月の14.8%から減少しています。

しかし、それでも全国平均の4.8%を上回っています。

 

 

米国の失業率は2021年9月に前月の5.2%から4.8%に低下し、市場の予想である5.1%を下回りました。

2020年3月以来の最低レートでした。

多くの人々が労働力を離れたのと、ハリケーンアイダとデルタバリアントの夏の急増の悪影響は薄れ始めました。

それでも、失業率は、継続的な労働力不足のために危機前のレベルである約3.5%をはるかに上回っていますが、企業が広範な欠員を埋め、より多くの労働者が労働力に戻ると予想されるため、今後数か月でさらに低下すると見られています。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す