ハワイ オミクロンの可能性について、さらに3つの検体をテストへ
出所:Oahu, Hawaii Facebook

ハワイ オミクロンの可能性について、さらに3つの検体をテストへ

この時点で、オアフ島以外の近隣の島々で、確認されたオミクロンの症例はない

ご訪問ありがとうございます。

 

出所です。

Hawaii health officials testing 3 more specimens for possible omicron variant

 

ハワイ保健省(DOH)は3日、研究所部門が、オミクロン変異株である可能性のあるさらに3つのCOVID-19検体で全ゲノムシーケンスを実行していると発表しました。

標本は、木曜日に検出された旅行歴のないオアフ島の居住者(65歳未満の成人)に属するものと同様に、それらがオミクロン変異株である可能性があることを示す、同じ分子の手がかりを持っていました。

その居住者はワクチン接種を受けていませんでしたが、1年以上前にコロナウイルスに感染していました。

結果は来週まで入手できないが、DOHは国民に注意を払うように促しています。

 

「これらの標本が、オミクロンの症例であるとはまだ言えませんが、オミクロンはすでにコミュニティ内を移動していると信じています。私たちが確認した唯一のオミクロンの症例は、旅行歴が知られていない個人に関係しています。それは私たちにそれがコミュニティの伝染の場合であると信じさせています」と、国家疫学者のサラ・ケンブル博士はニュースリリースで述べています。

ケンブル博士によると、3日の午後のマウイ郡記者会見で、3つの標本はすべてオアフ島からのものであり、確認された症例の濃厚接触者ではないと述べました。

「それは、これらの追加の個人でオミクロンを確認した場合、それを示唆しています。より広範囲のコミュニティ感染があったか、州への複数の導入があった可能性があります。これは、公衆衛生の観点から私たちが予想していたことです。南アフリカから学んだことに基づくと、この亜種は伝染性が高いため、ある地域に導入されると、かなり広範囲に広がる可能性があります」

 

 

オミクロンがハワイで優勢なデルタ変異株を打ち負かすかどうかはまだわかっていないと、ケンブル博士は述べてもいます。

「バリアントについてはまだ多くのことがわかりませんが、パニックの原因にはなりません。私たちはパンデミックで長い道のりを歩んできました。今ではツールボックスに多くのツールがあります。ワクチンは、病気の重症度を軽減し、入院や死亡などの重症転帰を保護する上で、依然として非常に重要な役割を果たすと予想しています」

ケンブル博士は、資格のあるすべての居住者に、まだCOVID-19のワクチンを接種していない場合は、ワクチンを接種し、資格のあるすべての成人にもブースターショットを接種するように促しました。

また、この時点で、ケンブル博士は近隣の島々で確認されたオミクロンの症例はないと付け加えました。

 

DOHは、マスクを着用し、大規模な集会を避け、ワクチン接種を受けることで安全を確保できることを国民に引き続き思い出させています。

そしてDOHは、COVID-19の症状がある人には、家にいて他の人との接触を避けるようにアドバイスしています。

症状のある人は誰でも検査を受ける必要があり、既知の陽性と接触した人は、曝露後5〜7日で検査を受ける必要があります。

ワクチン未接種で既知の陽性と接触した人は、検査結果が陰性であっても、自宅で10日間隔離する必要があります。

 

DOHは、3つの標本の全ゲノムシーケンスが完了したときに追加情報がリリースされると述べました。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す