ハワイ 7/8以降、本土でワクチン接種を受けた旅行者の検疫を免除
出所:Hawaiian Airlines Facebook

ハワイ 7/8以降、本土でワクチン接種を受けた旅行者の検疫を免除

7/8に、ワクチン接種率60%に達することを見越して、集会やレストランの制限を緩和

ご訪問ありがとうございます。

 

出所です。

Starting July 8, travelers vaccinated on mainland won’t need test to skip quarantine

 

7月8日以降、ハワイでは、本土でワクチン接種を受けた旅行者がCOVID検査を受けずに検疫をスキップできるようになります。

これは、州の完全な再開に向けた大きな一歩です。

デービッド・イゲ知事は木曜日に、セーフトラベルプログラムへの変更を発表しました。

州は「ワクチンパスポートプログラム」の拡大に加えて、7月8日のワクチン接種率60%に達することを見越して、集会やレストランの制限を緩和しています。

 

新しいルールの下で:

  • レストランは、75%の容量に移行するための青信号を取得します。ただし、6フィートの社会距離拡大ガイドラインを満たす必要があります
  • 25人の懇親会は屋内または75人の屋外で許可されます

 

水曜日の時点で、州の人口の57%が完全にワクチン接種されていました。

州知事は以前、州が60%のワクチン接種率に達したときに、完全にワクチン接種を受けた本土の旅行者を検疫と検査から免除することを約束していました。

訪問者は、州のセーフトラベル Webサイトにワクチン接種の証明をアップロードし、ハワイに旅行するときにワクチン接種カードの現物のコピーを持参する必要があります。

 

現在、ハワイでワクチン接種を受けた旅行者を除く本土からの旅行者は、到着後72時間以内にCOVID-19の検査の陰性結果をセーフトラベルにアップロードする必要があります。

多くの観光業界関係者は、州が7月4日までにワクチン接種のマイルストーンに到達することを望んでいましたが、ハワイの4人の市長は全員、より完全に再開する見通しに興奮していると述べています。

 

 

州の「ワクチンパスポートプログラム」は、ハワイでワクチン接種を受けて州に戻った人々のために今月初めに発効しました。

大きな不具合はほとんどなく、旅行者から多くの関心を集めました。

 

これとは別にイゲ知事は、州が70%のワクチン接種率に達したときに、ハワイがすべてのCOVID制限を解除することを木曜日に繰り返しました。

イゲ知事は、州が2か月でその時点に達する可能性があると信じていると述べています。

その間、ハワイのマスク着用やその他のCOVID制限は引き続き有効になりますが、州全体では、マスクは屋内で必要ですが、屋外では必要ありません。

 

しかし、イゲ知事はまた、COVIDの症例数が大幅に増加した場合、制限が復活する可能性があることを警告し、感染性の高いデルタ変異株のコミュニティへの広がりについて懸念を表明しました。

そして、現在COVIDの検査で陽性となったほとんどの人は、ワクチン接種を受けていないと述べました。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す