ファイザーワクチン3回目接種に関する安全性データの欠如を指摘
出所:U.S. Food and Drug Administration Facebook

ファイザーワクチン3回目接種に関する安全性データの欠如を指摘

65歳以上または、重度の病気のリスクが高い人のために、ブースターショットを承認

ご訪問ありがとうございます。

 

出所です。

US panel backs COVID-19 boosters only for elderly, high-risk

 

政府の諮問委員会は金曜日に、ファイザーCOVID-19ブースターショットを全面的に与える計画を圧倒的に拒否し、65歳以上または重度の病気のリスクが高い人のためだけに、追加のワクチン投与量を承認しました。

これは、ほぼすべてのアメリカ人の保護を強化するという、1か月前に発表された、バイデン政権の抜本的な取り組みに大きな打撃を与えました。

 

FDA(食品医薬品局)に助言する、外部専門家の影響力のある委員会からの拘束力のない勧告は、最後の言葉ではありませんが、FDAはグループのアドバイスを検討し、おそらく数日以内に独自の決定を下します。

そして、CDC(疾病管理予防センター)は来週、決定するためにそれらを比較検討する予定です。

 

意外なことに、諮問委員会では、ほとんどすべての人のブースターショットを、16-2 で否決しました。

メンバーは、追加用量に関する安全性データの欠如を引用し、特定のグループを対象としたものではなく、集団ブースターショットの価値についても疑問を投げかけました。

 

タフツ大学医学部の小児科教授であるコーディ・マイスナー氏は、2回目の投与後に、大部分の若い男性に見られる心臓の炎症のリスクを考えると、若い年齢層へのブースターショットについて心配している と述べました。

この状態は非常にまれですが、そのリスクが、ブースターショットで増加するかどうかは明らかではないと、マイスター氏は述べています。

しかしながら、ファイザーは、300万近くのブースターからのイスラエルのデータを指摘し、副作用率が2回目の投与後に見られたものと同様であることを示唆しました。

 

 

これはホワイトハウスのキャンペーンの一部である、ファイザーとモデルナの両方のワクチンの3回目の接種を、2回目の接種から8か月後に、アメリカ人に提供するという広範囲にわたる提案から大きな後退になるでしょう。

FDAやCDCの責任者を含むバイデン大統領のトップヘルスアドバイザーは、8月中旬に広範囲にわたるブースターショットの計画を最初に発表し、9月20日の週を、ほぼ確実な開始日として設定してました。

しかし、それはFDAスタッフの科学者が、データの独自評価を完了する前でした。

 

FDAとCDCは、モデルナまたはジョンソン・エンド・ジョンソの接種を受け取った人が、ブースターを取得する必要があるかどうかを、後の時点で決定する可能性が最も高いです。

CDCのアマンダ・コーン博士は、「現時点では、ワクチン未接種者が米国で感染を促進していることは明らかです」と述べています。

 

米国はまた、癌患者や移植レシピエントなど、免疫力が低下している特定の人々のために、ファイザーとモデルナのブースターをすでに承認しています。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す