ベトナム ホーチミン市は、2025年までにスマートシティに
出所:VnExpress.net

ベトナム ホーチミン市は、2025年までにスマートシティに

開発の焦点は、金融サービス、銀行、観光などの主要産業

ご訪問ありがとうございます。

スマートシティとは、こちらから

 

出所です。

HCMC to become smart city by 2025: chairman

 

ホーチミン市は、2025年までにスマートシティになり、国の成長ドライバーであり続けることを望んでいると、ホーチミン市人民委員会の委員長を務めている、グエン・タン・フォン氏は述べています。

26日火曜日に、ハノイで開かれた第13回党大会に先立って特派員と話し、それまでにホーチミン市当局は、一人当たりの収入が8,500ドルの近代的で工業化された都市に変える必要があると述べました。

ホーチミン市は、2030年までに東南アジアの経済、金融、技術の中心地となり、2019年の6,862ドルのほぼ2倍である13,000ドルの、一人当たりの収入を達成するよう努めています。

市当局はさらに視野を広げ、2045年までにホーチミン市をアジアの経済および金融の中心地にし、1人当たりの収入を37,000ドルに増やしたいと考えています。

 

開発の焦点は、金融サービス、銀行、観光などの主要産業になります。

ホーチミン市は、グローバルな金融センターになり、ハイテク製品とソフトウェアの生産と輸出を奨励し、ベトナムが署名した自由貿易協定によって投げ出された機会を、最大限に活用する計画の実施を開始します。

良好な事業環境と急速かつ着実な経済成長は、金融センターが繁栄するための不可欠な条件です。

 

ホーチミン市はベトナムの経済の先頭に立っており、GDPの22%と政府歳入の27%に貢献しています。

ホーチミン市は、現在の18%から、収益の増加した割合(2021年から24%、2026年から28%)を維持すると予想しています。

 

情報技術、通信、機械工学、人工知能、コーポレートガバナンス、金融と銀行、ヘルスケア、観光、都市管理の8つの優先分野における国際基準への人材育成に焦点を当てます。

技術とイノベーションは、人工知能と5Gテクノロジーの使用を優先して、社会経済開発の主な推進力となるでしょう。

電気通信会社は、1区のグエンフエ通りのようないくつかの人気のある公共スポットで5Gサービスを試しています。

 

ホーチミン市は、人々の健康と生活の質を改善し、専門の医療ハブへと発展することも目指します。

 

ベトナムの力強い経済成長のおかげで、過去5年間で外国人投資家からの関心が急上昇しました。

ホーチミン市はまた、昨年、44億ドル相当のFDIを集めました。

これは、国全体の15パーセントに相当します。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す