ベトナム 国際線の再開で前向きな業界
出所:VnExpress.net

ベトナム 国際線の再開で前向きな業界

新年の初日に定期的な商用便が再開されたことは、航空業界にとって前向きな兆候である

ご訪問ありがとうございます。

 

出所です。

Resumption of international flights a timely, positive move: industry insiders

 

航空関係者と旅行会社の代表者は、ほぼ2年の休止の後、商用国際線の部分的な再開がちょうど間に合ったと、語りました。

1月1日、カンボジアのプノンペンから121人の乗客を乗せたVN582便がホーチミンのタンソンニャット空港に着陸し、2年近くぶりのベトナム航空の定期民間便となりました。

フラッグキャリアは水曜日にハノイから東京へのフライトを運航し、往復のチケットは一人当たり1200ドル以上かかると述べています。

そしてベトナム航空は、ソウル、ビエンチャン、シンガポール、台北、サンフランシスコへのチケットの販売を開始しました。

 

格安航空会社のベトジェットエアの代表は、木曜日にハノイ-東京ルートを再開し、往復チケットの価格は1,800万ドン(790ドル)を超えると述べています。

ベトジェットエアはまた、毎週土曜日にハノイと台北間、毎週水曜日にホーチミン-台北間、毎週日曜日にホーチミンとシンガポール間を飛行します。

別の格安航空会社であるバンブーエアウェイズは、水曜日にハノイ-台北ルートで最初の定期便を運航する予定で、往復チケットの費用は約1,700万ドンです。

 

 

ベトナム航空ビジネス協会(VABA)の書記長であるブイ・ドアン・ネ氏は、新年の初日に定期的な商用便が再開されたことは、航空業界にとって前向きな兆候であると述べました。

 

ベトナム航空のル・ホン・ハ最高経営責任者(CEO)はまた、パンデミックの影響を大きく受けている航空および観光産業に、再開によりビジネス回復の機会が増えると述べました。

ハ氏は、国際航空運送協会(IATA)を含む国際機関は、国内航空市場が2023年頃に回復し、国際セグメント市場が2024年に回復すると予測していると述べています。

 

現在の規制では、完全にワクチン接種された人々とベトナムに到着したCovid-19から回復した人々は、集中検疫施設で1週間過ごすという以前の要件ではなく、3日間だけ自己隔離する必要があります。

2歳未満の子供を除くすべての到着者は、出発前72時間以内にPCR検査を使用して陰性である必要があります。

 

そして新しいバリアントのオミクロンの出現により、すべての乗客は、ノイバイ空港とタンソンニャット空港に着陸する際に、迅速なCovidテストを受ける必要もあります。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す