ベトナム 観光省は15日間のビザ免除を再開することを提案
出所:Vietnam Tour Co., Ltd Facebook

ベトナム 観光省は15日間のビザ免除を再開することを提案

ビザなしで15日以内、ベトナムに滞在することが許可されていて、それはベトナムの観光産業を助ける

ご訪問ありがとうございます。

 

出所です。

Ministry proposes resuming 15-day visa exemption for foreign tourists

 

観光省は、政策の対象となる指定市場からの訪問者に対して、Covidの発生前に許可していた15日未満のビザ免除を再開するよう政府に要請しました。

この提案は、文化体育観光部がファム・ミン・チン首相に検討のために提出した第1段階のワクチンパスポート試験プログラムの下での、ベトナムへの外国人観光客の歓迎に関する予備報告の一部でした。

 

Covidのパンデミックが発生する前は、ベラルーシ、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、イタリア、日本、ノルウェー、ロシア、韓国、スペイン、スウェーデン、英国からの訪問者は、ポリシーに基づきビザなしで15日以内、ベトナムに滞在することが許可されていて、それはベトナムの観光産業を助けました。

しかし、ベトナムは2020年3月に外国人観光客との国境を閉鎖し、Covidパンデミックに対処するために、昨年初めにビザ免除政策を停止しました。

 

 

以前、クアンナム、クアンニン、キエンザン、カーンホア、ダナンは、特別なツアーパッケージで外国人観光客を受け入れるための青信号を得ました。

国が先月国際観光に再開して以来、1,100人以上の訪問者がチャーター便で到着し、観光業界は今月末までに15,000人を歓迎すると見込んでいます。

 

政府は先週、ベトナムと9つの目的地との間の商用便の再開を承認し、1月1日から15日間続く第1段階で、ワクチン接種率が高く、パンデミック対策が実施され、バンコク(タイ)、北京/広州(中国)、プノンペン(カンボジア)、サンフランシスコまたはロサンゼルス(米国)、ソウル(韓国)、シンガポール、台北(台湾)、東京(日本)、ビエンチャン(ラオス)と、定期便が再開する予定です。

1月16日からの第2フェーズでは、フランクフルト(ドイツ)、香港、クアラルンプール(マレーシア)、モスクワ(ロシア)、パリ(フランス)、シドニー(オーストラリア)を結ぶルートもフライトが追加されます。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す