ワクチン接種を受けた旅行者のための国境制限の変更を検討
出所:Radio New Zealand

ワクチン接種を受けた旅行者のための国境制限の変更を検討

中期的には、完全にワクチン接種されていれば、管理された隔離に入る必要がまったくない人もいると思う

ご訪問ありがとうございます。

 

出所です。

Govt looking at changes to Covid-19 border limits for vaccinated travellers

 

政府は、ワクチン接種を受けた旅行者の国境での変化を検討していると、Covid-19対応大臣のクリス・ヒプキンス氏は述べました。

ヒプキンス大臣はチェックポイントに、「中期的には、完全にワクチン接種されていれば、管理された隔離に入る必要がまったくない人もいると思う。そして彼らは、Covid-19がそれほど急速に広まっていないリスクの低い国から来ていることになります」と、語りました。

 

政府は「さまざまなもののメニュー」を検討しており、隔離要件は人々のグループごとに異なる可能性があります。

「年末にかけて、計算された変更がいくつか見られると思います。私たちがそれらの変化に備えているのを見るでしょう。今から年末までにさまざまなことを試しますが、非常に慎重に行っています」

 

ヒプキンス大臣は、管理された隔離および検疫施設にとどまる必要がある、完全にワクチン接種を受けた旅行者を囲むのは、まだ早かったと述べました。

変更がある可能性はありましたが、決定するには時期尚早でした。

いつが適切な時期であるかを尋ねられ、ヒプキンス大臣は答えました。

「ワクチンに関する人口カバー率が高くなると、それがCOVID-19送信のために何をするかについてもう少し証拠を見ます。また、世界中で何が起こっているのかを見極める必要があります。ウイルスはどれほど急速に広がり、どれだけ急速に変異し続けるかです」

 

 

管理された隔離と検疫に入るワクチン接種を受けた旅行者の数は、現在数えられていませんが、それはまもなく始まります。

しかし、ワクチン接種は検証される必要があり、国際社会はこれを行う方法を決定していません。

ニュージーランドはこの仕事の一部である、とヒプキンス大臣は述べています。

「すべてのワクチンが同じように作られているわけではありません。いくつかは他のワクチンよりも優れています」と、中国とロシアの両方のワクチンについてより多くの情報が必要であると付け加えました。

 

ヒプキンス大臣は、国のワクチン接種目標を設定することを除外しました。

COVID-19排除戦略は引き続き追求され、はしかなどの他の病気のように慣行であると述べました。

 

デビッド・スケッグ卿が議長を務める科学諮問委員会にとって重要な質問の1つは、ワクチン接種が国境の設定にとって何を意味するのか、そしてどの時点で設定を調整すべきかということです。

政府と委員会はこの問題について「継続的な話し合い」を続けており、来月にはさらに多くの情報が公開される予定です。

ヒプキンス大臣は国境の管理について、ニュージーランド人との「開かれた会話」を約束しています。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す