ワクチン接種義務化が加速するオーストラリアの大学
出所:The University of Melbourne Facebook

ワクチン接種義務化が加速するオーストラリアの大学

ビクトリア州のロードマップは、11/5を完全にワクチン接種された学生の、キャンパス内学習を再開できる日付として指定

ご訪問ありがとうございます。

 

👇関連記事

オーストラリアの大学もCOVIDワクチン接種を義務付ける

 

出所です。

More Australian universities mandate jabs

 

オーストラリアの感情が強制ワクチン接種の背後にシフトするにつれて、ビクトリア州の大学は、ワクチン接種をキャンパスへの入学条件にしています。

メルボルン大学とモナシュ大学は、学生、スタッフ、請負業者、およびキャンパスへの他の訪問者に、11月5日から完全なワクチン接種を義務付けます。

 

ビクトリア州政府は、11月5日を、完全にワクチン接種された学生をキャンパス内で学習を再開できる日付として指定しました。

適格なビクトリア州の人々の80パーセントが、それまでに2回のワクチン接種を受けていると予想されます。

 

ラ・トローブ大学では、12月からキャンパス内の人々に、完全なワクチン接種を義務付ける予定です。

ディーキン大学のイアン・マーティン副学長も、強制ワクチン接種への支持を表明しています。

 

シドニーモーニングヘラルドによると、ニューサウスウェールズ州の主要な機関も学生にワクチン接種を義務付けるかどうかを検討しており、シドニー大学とUNSWは、この問題についてスタッフと学生を調査しています。

 

9月初旬のモナシュ大学の調査では、強制ワクチン接種に対する強力なサポートが明らかになり、スタッフと学生の回答者の89%が、キャンパスで「より快適」になることを示し、学生の5%未満とスタッフの4%が、ワクチン接種の計画がないと報告しました。

出所:Monash University Facebook

 

独立した大学の調査でも、必須のワクチン接種に対する確固たる支持が明らかになりました。

200以上の機関の回答者の77%が、従業員の強制ワクチン接種を支持しています。

この支持は、人口の大部分がロックダウンされているオーストラリア首都特別地域、ビクトリア州、ニューサウスウェールズ州で最も高いです。

調査を実施したオーストラリアの独立高等教育評議会は、独立した大学は、長期のロックダウンが「過去のもの」となる「Covidとの生活」環境を受け入れることに熱心であると述べています。

 

 

メルボルン大学は、免除はワクチン接種の資格がないか、医療上の理由でワクチン接種を受けることができない人々に適用されると述べました。

ダンカン・マスケル副学長は、そのような人々のために「合理的かつ実用的な」取り決めを約束しました。

 

そして、ワクチン接種の要件はますます「さまざまな分野にわたる」サービスへのアクセスの前提条件であり、一部の大学の環境ではワクチン接種がすでに義務付けられていると述べました。

「ワクチン接種により、私たちのコミュニティのメンバーは、私たちのキャンパスでの活動とより広い社会の間をシームレスに移動することができます」と、マスケル副学長はスタッフと学生に語りました。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す