ワクチン義務化をめぐって米国の労働者の反乱が膨れ上がる
出所:Reuters

ワクチン義務化をめぐって米国の労働者の反乱が膨れ上がる

バイデン政権は、12月8日の期限を過ぎたワクチン未接種の労働者を直ちに解雇する必要はないことを示唆

ご訪問ありがとうございます。

 

出所です。

From Boeing to Mercedes, a U.S. worker rebellion swells over vaccine mandates

 

カンザス州ウィチタでは、組合関係者によると航空機会社Textron Inc(TXT.N)とSpirit AeroSystems(SPR.N)の約10,000人の従業員のほぼ半数が、COVID-19に対するワクチン接種を受けておらず、連邦政府の命令に反して仕事を危険にさらしています

「これで多くの従業員を失うことになります」と、地元の機械工組合地区の責任者であるコーネル・ビアード氏は述べました。

多くの労働者はワクチン自体に反対しなかったが、政府が個人の健康上の決定に干渉していると彼らが見ているものに断固として反対したと彼は述べています。

地区の組合は、テキサスを拠点とする弁護士を雇い、従業員を支援し、ワクチン接種の医学的または宗教的免除の要求が拒否された場合に、企業に対する訴訟を準備しています。

 

生涯にわたり民主党支持者であるビアード氏は、もはや民主党に投票しないと述べました。

「彼らは私から二度と投票を得ることは決してないだろうし、私はここの労働者に同じことを言っている」

 

民主党のジョー・バイデン大統領による大統領命令の下で連邦契約を継続して獲得したい企業は、12月8日までにすべての請負業者の従業員に、COVID-19のワクチンを完全に接種する必要があります。

つまり、米国政府のガイダンスによると、連邦契約労働者は、最大限の保護を得るために、期限の少なくとも2週間前に最後のCOVID-19接種をする必要があります。

ファイザー(PFE.N)/ BioNTechワクチンの接種の間に3週間のギャップがあるため、労働者は水曜日までに最初の接種をする必要があります。

政府が期限を守っている場合、4週間間隔で2回接種されるモデルナ(MRNA.O)ワクチンを選択するのはすでに遅すぎます。

労働者は、締め切りに間に合わせるために、11月24日までジョンソン&ジョンソン(JNJ.N)の1回だけのワクチンを接種することを選択もできます。

 

 

ワクチンは、COVID-19の入院と死亡を防ぐための最も効果的な方法であり続けていますが、完全にワクチン接種された人々の間でも感染を引き起こす可能性のある、ウイルスの非常に伝染性の高いデルタ変異体に直面しました。

一部の人々からの反対にもかかわらず、ワクチンの義務化は、ワクチン未接種の割合を減らし、彼らの袖をまくり上げるのを嫌がる人を説得するのに効果的でした。

Procter&Gamble(PG.N)、3M(MMM.N)などのいくつかの大企業や、American Airlines(AAL.O)やJetBlue(JBLU.O)などの航空会社が義務を課しています。

食品労働者を含む一部の業界では、組合がワクチン要件を支持しています。

 

しかし、その命令は、全国の産業の労働者からだけでなく、共和党の州当局からの抗議をかき立てました。

労働組合の指導者、企業幹部によると、この命令に反対すると、数千人の米国人労働者が職を失い、すでに低迷している景気回復を危うくする可能性があると言います。

企業がワクチン接種の免除の要求をどのように決定するかについて、より多くの法的な衝突が発生する可能性もあります。

 

バイデン政権は、連邦請負業者が12月8日の期限を過ぎたワクチン未接種の労働者を直ちに解雇する必要はないことを示唆しているが、企業にとっては時間が厳しくなっています。

月曜日に発表された政府のガイダンスの下で、企業は義務化をどのように実施するかについて柔軟性を持つことになりますが、これにより、大量の解雇を​​回避できる可能性があります。

「対象となる請負業者は、その従業員に関して適切な執行手段を決定する必要があります」と、ガイダンスは述べています。

米国のボーイング社(BA.N)については、7,000人以上の労働者が宗教的免除を申請し、約1,000人が医学的免除を求めているとこの問題に詳しい人々はロイターに語りました。

これは、飛行機メーカーの約125,000人の米国従業員の約6%に相当します。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す