制限緩和は屋外テントの撤去やトラベルナースと州外の医療従事者がハワイ出発まで
出所:Oahu, Hawaii Facebook

制限緩和は屋外テントの撤去やトラベルナースと州外の医療従事者がハワイ出発まで

新規症例の7日間の平均は1,000から350に減少しましたが、再び急増する可能性のあるレベルにある

ご訪問ありがとうございます。

 

出所です。

Hawaii Gov. David Ige says another coronavirus surge could trigger more severe restrictions

 

COVID-19の制限が緩和され、症例数が再び急増した場合、デービッド・イゲ知事は27日、新たな制限がさらに厳しくなる可能性があると警告しました。

 

以前の制限は7月に発表され、「症例数は6週間増加し続けました」と、イゲ知事は、ホノルルスターアドバタイザーのスポットライト・ハワイ・ライブストリーム・プログラムで語りました。

「レイバーデーの直前まで、私たちは1日あたり平均900から1,000件のケースを抱えていました。私はとても保守的な人だと思います。制限を緩和しすぎると、ケースが急増することを私は知っています。そうすれば、次の制限期間または人との交流を制限する時間はさらに長くなり、おそらく現在よりもさらに制限が厳しくなります」

新規症例の7日間の平均は1,000から350に減少しましたが、イゲ知事は、「再び急増する可能性のあるレベルにまだ明らかにある」と述べました。

 

 

イゲ知事は、屋内外の集まりのサイズの制限、オアフ島の企業に対するワクチン接種と検査の義務、ハワイ大学スポーツの観戦の禁止などの制限を取り除くために、70%のワクチン接種率のベンチマークを使用しなくなりました。

6月のイゲ知事の当初のアイデアは、7月8日までに60%のワクチン接種率の目標を達成することでした。

これにより、集会の規模が大きくなり、最終的に70%のワクチン接種率に達したときにすべての制限がなくなる予定でした。

しかし、デルタバリアントはすべてを変え、イゲ知事はワクチン接種率をベンチマークとして使用しなくなったと、知事のオフィスはスターアドバタイザーに語りました。

27日の時点で、州の総人口の67.7%が完全にワクチン接種されています。

 

イゲ知事は、どのような条件になれば、いくつかの制限を緩和させることができるかを特定することを拒否しましたが、ハワイの医療制度への圧力を減らすことが重要な指標になる可能性が高いことを繰り返し示唆しました。

特に一部の患者の治療に使用される病院の屋外テントの撤去や、650人以上のトラベルナースと他の州外の医療従事者がハワイを出発です。

「それらがなければ、私たちの医療制度は間違いなく崩壊の危機に瀕しているでしょう。私たちはまだ容量に非常に近いので、警戒を続ける必要があります」

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す