北京ニュージーランドビザオフィスが正式に閉鎖と100人のスタッフを採用
出所:Radio New Zealand

北京ニュージーランドビザオフィスが正式に閉鎖と100人のスタッフを採用

政府は、技能移民部門カテゴリーに関する政策作業とともに、将来の永住権の対象者をどのように作成するかを検討

ご訪問ありがとうございます。

 

👇過去の記事

ニュージーランド ビザ申請が大幅に減少する中、世界中のビザオフィスが閉鎖される

 

出所です。

Immigration New Zealand hires 100 as Beijing office shuts

 

ニュージーランド移民局(INZ)は、100人のスタッフを採用し、北京オフィスを閉鎖する準備をしているため、さらに多くのスタッフを採用しています。

INZ は、Covid-19 のパンデミックの結果として支店を閉鎖したため、海外で 300 人以上のスタッフが職を失いましたが、財政的な制約のため採用は保留されていました。

1日、北京のビザ処理オフィスを7月末までに閉鎖すると発表し、今年初めに閉鎖されたムンバイ、マニラ、プレトリアに加わりました。

Covid-19が流行する前に、北京事務所はニュージーランドのすべての一時ビザの半分を決定してました。

 

その後、INZは、北京オフィスでのビザ処理を 2021 年 8 月 31 日までに終了することを決定しました。

詳しくは、こちらから

 

サモアだけが、1つの海外ビザ処理事務所として残りますが、リスクおよび検証スタッフは他のオフショアの場所で引き続き作業します。

「これは、Covid-19の影響に対するINZの適応の継続です」とスポークスマンは述べています。

「INZはこの機会を利用して、コストを削減し、効率を改善するための高度な技術を導入し、オフショアのリスクをより効果的に管理し、ビザ処理活動を国内に移動します」

ニュージーランドで新しく採用されたスタッフの一部は、永住権申請を処理するために引き継がれたと理解されています。

 

政府は、ニュージーランド レジデンス プログラム (NZRP)の下で、過去18か月間に50,000〜60,000人の新規永住権の承認を求めました。

声明の中で、INZは2020年1月から先月までに46,562人の永住権を承認したと述べています。

「INZは、技能移民部門の永住権申請の処理のためのリソースが、以前の移民大臣と合意したように、以前のNZRPの下で合意されたレベルに沿ったままであることを引き続き保証します」と、INZの国境およびビザ運用ゼネラルマネージャーのニコラ・ホッグ氏は述べています。

「技能移民部門の永住権申請は、INZのマヌカウ事務所で処理されます。2021年5月21日現在、85人のイミグレーションオフィサーが技能移民部門の永住権申請の処理に責任を負っています。永住権申請は、危機に瀕している量と各申請に必要な精査のレベルを考えると、処理に時間がかかります」

「INZのオンショアでのビザ処理ネットワーク全体で求人が進行中であり、最近100人の空席が埋められました。この求人により、INZはオンショアビザ処理能力を高めることができます」

 

 

政府は、技能移民部門カテゴリーに関する政策作業とともに、将来の永住権の対象者をどのように作成するかを検討しています。

技能移民部門の永住権ビザの中で、先月決定された永住者の数は、11月の1,925件の最高値から658人に減少しました。

却下率は同期間に7%から21%に増加しました。

そして、申請者の4分の1は、決定を2年間待っています。

INZは、2021年3月から過去2か月間、2019年8月に作成された申請に取り組んできました。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す