南オーストラリア州の留学生のための空港検疫計画に対する反対
出所:Australia. com Facebook

南オーストラリア州の留学生のための空港検疫計画に対する反対

パラフィールド空港の施設で、留学生を隔離するという南オーストラリア州政府の計画に反対

ご訪問ありがとうございます。

 

👇過去の記事

オーストラリアへの留学はいつに?これまでにわかっていること①

オーストラリアへの留学はいつに?これまでにわかっていること②

今年予定の南オーストラリアのパイロットプログラムも一筋縄ではいかぬようです。

 

出所です。

Opposition over South Australia’s airport quarantine plan for international students

 

地方議会は、施設から漏れるCOVID-19への懸念から、パラフィールド空港の施設で、留学生を隔離するという南オーストラリア州政府の計画に反対している、と地元の報道は述べています。

ABC ニュースによると、ソールズベリー市議会は、計画に関する協議の欠如と、アデレードの北部郊外にある地域の評判への潜在的な影響についても懸念しています。

彼らは 6 月 1 日、全会一致でこの計画に反対することを投票しました。

 

南オーストラリア州政府は最近、一度に最大 160 人の留学生を空港のフライトスクール用に建設された、宿泊施設に隔離すると発表しました。

州政府による新しい提案は、まだ連邦政府による承認待ちです。

 

ソールズベリー市の副市長兼評議員のチャド・ブキャナン氏が提出した動議では、評議会は「提案について公聴会が行われなかったことに対して、公に反対と失望を表明する」と述べたこの動きはまた、州政府が留学生ではなくオーストラリア市民と永住者の帰国に焦点を当てることを求めています。

彼らは、すべての州議会議員に手紙を書き、「北東部の郊外とソールズベリー市の市民と企業の健康と福祉を第一に」そして、「提案された施設からの健康被害を避けるために、最も厳しい措置が実施される保証を提供するよう求めます」

そしてブキャナン氏は、地元住民は施設が家に近すぎることを懸念していると付け加えました。

「これらのことは絶対確実ではなく、動議の一環として私たちが求めていることの 1 つは、州と連邦政府に最近のメディホテルの COVID-19 違反から学ぶよう呼びかけることです。住宅地の外に専用の検疫施設を建設する必要があります」

 

ブキャナン氏はまた、ジリアン・オルドリッジ市長は、週末に電話を受けたときに、州政府が最大160人の学生を受け入れる計画を聞いただけだと、The Advertiserは報じています。

ブキャナン氏は、この発表の前に、コミュニティとの公的協議はゼロでしたと述べ、政府に緊急のブリーフィングを提供するよう求め、「どうか、住宅の郊外に専用の検疫施設を建設することを検討してください」と、ブキャナン氏は述べています。

 

 

パラフィールド空港で留学生を隔離するという南オーストラリア州政府の提案への反対も、この地域に関連する偏見に起因しています。

11 月のパラフィールド クラスターでは、州が 3 日間ロックダウンされました。

「パラフィールドクラスターにより、州全体がパラフィールドについて知ってしまいました。現在、同じ地域と場所にパラフィールド検疫施設を設けることが提案されています」と、ブキャナン氏はABCニュースに語りました。

 

南オーストラリア州の最高公衆衛生責任者であるニコラ・スパリア氏は、パラフィールド空港の検疫所は、その設置方法により留学生用に予約されると述べています。

スパリア氏によると、学生は「ユニットスタイル」の宿泊施設に慣れていましたが、海外からの留学生はそうではありませんでした。
「ユニットは、簡易キッチンがあり、次にいくつかのベッドルームがあり、すべてが1つの独立したユニットになっています。そのため、COVID-19に感染するリスクがあるため、国際的な留学生が知らない人と施設を共有することはありません。また、それは容認できないと考えられています」

州政府は、留学生が足止めされたオーストラリア人より先に列をスキップすることはないと述べています。

コーリー・ウィンガード・インフラ相は、「留学生が入ってくるなら、彼らは自分でお金を払い、帰国する人々の割り当てに影響を与えません」と述べています。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す