実現可能な留学を目指す_2_ついに入国制限緩和へ
出所:Air Canada Facebook

実現可能な留学を目指す_2_ついに入国制限緩和へ

カナダに入国する旅行者の国境措置を緩和するためのカナダ政府の第1段階

ご訪問ありがとうございます。

 

👇過去の記事

実現可能な留学を目指す

 

出所です。

Government of Canada’s first phase to easing border measures for travellers entering Canada

 

カナダ時間の 6月 21日、カナダ政府は、カナダに入国する旅行者の、国境措置を緩和するためのアプローチの、第 1段階の詳細を発表しました。

 

2021年 7月 5日午後 11時 59分から、カナダへの入国が許可されている、完全にワクチン接種をされた旅行者は、8日目に検疫またはCOVID-19検査を受けるという連邦政府の要件の対象にはなりません。

さらに、飛行機で到着する完全にワクチン接種された旅行者は、政府認可のホテルに滞在する必要もありません。

 

完全にワクチン接種されていると見なされるには、旅行者は、カナダに入国する少なくとも14日前に、カナダ政府によって承認されたワクチンの全シリーズ(またはワクチンの組み合わせ)を受け取っている必要があります

現在、これらのワクチンは、ファイザー、モデルナ、アストラゼネカ、およびジョンソン・エンド・ジョンソンによって製造されています。

旅行者はどの国でもワクチンを受け取ることができ、英語、フランス語、または公認の翻訳でワクチン接種を裏付ける文書を提出する必要があります。

 

 

これらの新しい措置を適用するには、完全にワクチン接種された旅行者は、到着前および到着時の検査を含む、他のすべての必須要件を満たしている必要があります。

継続的な検査により、公衆衛生の専門家は国境での陽性率を監視し続け、懸念のある変異を監視し、必要に応じて国境措置をさらに調整することができます。

 

完全にワクチン接種を受けた旅行者は、無症候性であり、ワクチン接種文書の紙またはデジタルコピーを持っており、カナダに到着する前に ArriveCAN を通じてCOVID-19関連情報を電子的に提供する必要があります

国境で検疫の免除に必要なすべての条件を満たしていないことが判明した場合に備えて、適切な検疫計画を提示し、検疫の準備をする必要があります

他のすべての免除旅行者と同様に、実施されている公衆衛生対策である公共の場でマスクを着用し、ワクチン接種と陰性結果のコピーを保管し、カナダ入国後14日間の密接な連絡先のリスト作成に従う必要があります。

 

完全にワクチン接種を受けていない旅行者の場合、カナダの現在の国境措置に変更はありません。

彼らは、カナダでのCOVID-19および亜種の輸入と感染を減らすのに効果的であった、現在の検査および連邦検疫要件を引き続き遵守し、カナダに到着する前に ArriveCANを介してCOVID-19関連情報を電子的に提供する必要があります。

ワクチン未接種の航空旅行者は、カナダに出発する前に、政府認可のホテルでの3泊の滞在も予約する必要があります。

 

これで益々、カナダへの留学は実現可能な留学となってきましたね 😀 

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す