崩壊しつつあるコンドミニアムから住民を移動させるハノイ
出所:VnExpress.net

崩壊しつつあるコンドミニアムから住民を移動させるハノイ

移転計画に同意した場合、市内中心部から遠く離れた他の住宅地に再定住することになり、不便になります

ご訪問ありがとうございます。

 

出所です。

Hanoi to move residents from crumbling condos

 

ハノイの行政は、第1四半期内に「危険」に分類された6つのコンドミニアムから居住者を移転するように命令しました。

ハノイ人民委員会が最近発表した計画によると、6つのコンドミニアムのすべての居住者は3月までに移転し、解体、改修、再建に取り組む必要があります。

 

プロジェクトには、1975年から1980年に建設されたC8 Giang Voコンドミニアム、1987年に建設されたG6A、1985年に建設されたNgoc Khanh、1990年に建設された法務省のアパートの4つが含まれます。

残りの2つのコンドミニアムプロジェクトは1954年以前に建設され、これらはドンダー区のフイントゥクカン通り51番地と、バディンのソンタイ通り148-150番地にあります。

 

市の建設局によると、一部の家族は危険を認識しているにもかかわらず引っ越しを拒否しているとのことです。

多くの場合、彼らは何十年もそこに住んでいて、特にバディン区のダウンタウンにあるため、移転したくないためです。

彼らが移転計画に同意した場合、彼らは市内中心部から遠く離れた他の住宅地に再定住することになり、それははるかに不便で、その他の場合、補償に同意しない人もいます。

 

 

市内には40年以上前のアパートが1,579棟あり、これらのうち、179棟は「危険」または「重度の損傷」に分類されています。

ほとんどは1960年から1994年の間に建てられ、ベトナムがフランスからの独立を達成した1954年以前に建てられたものもあります。

これらのアパートはひどく劣化していて、頻繁に浸水し、また、防火システムが貧弱で、駐車スペースもありません。

 

2015年までにすべての古いアパートを撤去することを目標に、20年以上前にハノイによって改修計画が立てられました。

しかし、19棟のアパートだけがアップグレードまたは再建され、他の14棟のアパートでは作業が続いています。

 

5年前、19人の投資家が30棟のアパートの改修に登録しました。

これまでのところ、物事は第1および第2の青写真段階にしか達してなく、一部の企業も改修プロジェクトから撤退しました。

それ以来、この問題について他にも多くの会議がありましたが、大きな変化はありませんでした。

市は基本的にすべての古い、格下げされたコンドミニアムプロジェクトの改修と再建を完了することを目標としていますが、これまでに完了したのは19棟のみで、14棟が進行中です。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す