年配者と基礎疾患の人たちのみブースターショットを推奨
出所:CDC Facebook

年配者と基礎疾患の人たちのみブースターショットを推奨

誰が本当にブースターをすぐに必要としているかに関するデータは「完璧ではない」ことを認める

ご訪問ありがとうございます。

 

出所です。

CDC decides on COVID-19 booster shots for older, vulnerable Americans

 

疾病管理予防センター(CDC)の顧問は、ブースターは65歳以上の人々、ナーシングホームの居住者、および潜在的な健康問題のリスクがある50〜64歳の人々に、提供されるべきであると述べました。

ファイザーの最後のショットから少なくとも6か月が経過すると、追加の投与量が与えられます。

 

他に誰が、それを手に入れるかを決めるのは、はるかに困難でした。

若い人たちが免疫力を弱める危険にさらされているという証拠はほとんどありませんが、委員会は慢性的な健康問題を抱えていてそれを望んでいる18歳から49歳の人々に、ブースターのオプションを提供しました。

しかし、委員会は、重度の病気のリスクはないが、軽度の感染さえも避けたい健康な最前線の医療従事者に、ブースターを拒否しました。

 

米国で使用されている3つのCOVID-19ワクチンはすべて、伝染性の高いデルタ変異株が蔓延している中でも、重篤な病気、入院、死亡に対して高い防御力を発揮します。

しかし、完全にワクチン接種されているのは、約1億8,200万人のアメリカ人だけで人口の55%に過ぎず、ワクチン未接種の最初の接種を取得することが最優先事項のままです。

 

23日の決定は、先月発表されたバイデン政権の計画の、劇的な縮小を表しています。

誰が追加ショットの資格を得るかについての最終的な米国の方針を設定するのはCDCに委ねられていますが、CDCは通常、委員会の推奨に従います。

CDCのディレクターであるロシェル・ワレンスキー博士は23日に会議を開き、ワクチン未接種のワクチン接種が「ここアメリカと世界中」の最重要目標であると強調しました。

そして、誰が本当にブースターをすぐに必要としているかに関するデータは「完璧ではない」ことを認めました。

CDCの委員会は、より多くの人々がブースターを必要としていることを新しい証拠が示した場合、その勧告は変更されると強調しています。

 

 

CDCの顧問はまた、ワクチンの展開の早い段階で、モデルナまたは、ジョンソン・エンド・ジョンソのワクチンを受け取った何百万人ものアメリカ人に懸念を表明しました。

政府はまだこれらのブランドのブースターを検討しておらず、それらを組み合わせてファイザーワクチンを与えることが安全か、効果的かについてのデータはありません。

 

CDCは、ブースターの恩恵を受ける立場にある人々の間では、リスクはほとんどないと結論付けました。

米国は、癌患者や移植レシピエントなど、免疫力が低下している特定の人々に対して、ファイザーワクチンとモデルナワクチンの、3回目の接種をすでに承認しています。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す