日本、米国への定期便の準備ができているベトナムの航空会社
出所:Vietnam Airlines Facebook

日本、米国への定期便の準備ができているベトナムの航空会社

日本側は、ベトナムへのフライトを再開するために、日本航空とANAを指定すると述べています

ご訪問ありがとうございます。

 

出所です。

Vietnamese carriers ready for regular flights to Japan, US

 

ベトナム民間航空局(CAAV)は、航空会社が1月1日に出発する予定の日本と米国への定期国際線のチケット販売を開始することを許可しました。

 

CAAVの責任者であるタン氏は、ベトナムが1月1日から定期国際線を再開する予定の市場と交渉したと述べました。

これまでのところ、日本の航空当局はベトナムの飛行再開計画に同意して、米国はベトナム航空が米国への定期的な直行便を開始することも許可していると、タン氏は述べましたが、他の国の航空機関を追加することはまだ公式に応答していません。

 

政府は12月10日、ベトナムと9つの目的地との間の、ワクチン接種率が高く、パンデミック対策が良好な商用便の再開を1月1日から承認しました。

バンコク(タイ)、北京/広州(中国)、プノンペン(カンボジア)、サンフランシスコまたはロサンゼルス(米国)、ソウル(韓国)、シンガポール、台北(台湾)、東京(日本)、およびビエンチャン(ラオス)です。

 

タン氏は、ベトナム航空とベトジェットだけが、Covidの発生前にハノイとホーチミン市から東京への直行便を運航していたと述べ、CAAVは、パンデミック前と同じ頻度で、これら2つの航空会社にのみ、日本にフライトスロットを割り当てることに同意しました。

また日本側は、ベトナムへのフライトを再開するために、日本航空ANAを指定すると述べています。

 

 

ベトナム航空は、ボーイング787とエアバスA350を使用して、ホーチミンからサンフランシスコへの直行便を週に2便運航し、これは、最新の2機のワイドボディ機です。

 

ベトナム航空の代表は、乗客がオンラインでチケットを購入できるように、航空会社がウェブサイトでチケットの価格とフライト数を発表すると述べました。

ベトジェットエアの代表は、航空会社が東京、ソウル、台北、バンコク、シンガポール、プノンペンへの通常の国際線を再開する準備ができていると付け加えました。

 

運輸省の国際線再開計画では、それぞれの側が週に4〜7便を運航し、市場の需要に応じて後で、増加する頻度があります。

先週保健省が発表した最新のガイドラインでは、完全にワクチン接種された人々とCovid-19から回復した人々は、中央の検疫施設で1週間過ごす代わりに、3日間だけ自己隔離する必要があります。

2歳未満の子供を除くすべての到着者は、出発前72時間以内にPCR法を使用して新型コロナウイルスの検査で陰性であることを証明する必要もあります。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す