永住権を目指す留学生への朗報

永住権を目指す留学生への朗報

留学生の30%が、最初の就学許可を受け取ってから10年以内に永住者になる

ご訪問ありがとうございます。

 

出所です。

New pilot programme to help students become Canadian permanent residents

 

ニューブランズウィック州

ニューブランズウィック州 は、留学生がカナダの永住者になるのに役立つ新しい移民パイロットを発表しました。

2022年4月1日から州内の4つの私立キャリアカレッジを卒業し、19の対象職業の1つで勉強した留学生は、州ノミニープログラム(PNP)に応募することができます。

参加機関は、アトランティックビジネスカレッジ、イースタンカレッジ、マッケンジーカレッジ、オールトンカレッジです。

プレスリリースで、事業開発会社であるOpportunities NB(ONB)は、新しいパイロットスキームは、移民・難民・市民権カナダ(IRCC)と協力して、州の増大する労働ニーズを支援することを目的としていると述べました。

 

パイロットプロジェクトは、現在、連邦のPost-Graduation Work Permit programmeへの資格がないと指定された機関の新卒者のみがアクセスできます。

このストリームは、少なくとも5年間この指定を保持し、教育と社会開発、ヘルスケア、情報技術とサイバーセキュリティ、経営管理、およびサプライチェーンとロジスティクスの適格な学習プログラムを提供する、ニューブランズウィック指定学習機関への参加を制限します。

他のストリームは、公的資金によるニューブランズウィックの高等教育機関を卒業する留学生が利用できます。

 

移民パイロットの対象となる職業

対象となる職業は次のとおりです。

  • 社会的およびコミュニティサービス労働者
  • 幼児教育者および助手
  • 教育助手
  • 医療助手
  • ホームサポートワーカー
  • 准看護師
  • 救急医療および関連する職業
  • 臨床検査技術者
  • 臨床検査技師と病理医の助手
  • 医療行政助手
  • コンピュータープログラマーとインタラクティブメディア開発者
  • ウェブデザイナーと開発者
  • コンピュータネットワーク技術者
  • ユーザーサポート技術者
  • 会計技術者と簿記係
  • 給与係
  • 荷送人と荷受人
  • サプライチェーンとロジスティクスの監督者
  • 生産ロジスティクスコーディネーター

 

具体的な詳細は今秋に、入手可能になります。

 

 

「ニューブランズウィックのために作られた革新的な道を開くことで、より多くの留学生を維持できることを嬉しく思います」と、オポチュニティNBの責任者であるアーリーン・ダン氏は述べています。

ダン氏は、技能移民労働者をめぐる競争の激化は、留学生をカナダの永住者に移行させる可能性が重要であることを意味すると付け加えました。

 

「このイニシアチブは私たちがかなり長い間取り組んできたものであり、私たちはそれを一線を越えて実現できることを嬉しく思います」

「新参者は私たちの労働市場の課題に取り組むための鍵であり、この追加の移民ストリームを提供することにより、ニューブランズウィックが必要とする技能移民労働者を育成するために、より多くの高等教育機関に力を与えています」と、中等教育後の教育、訓練、労働大臣のトレヴァー・ホルダー氏は述べました。

 

カナダの永住者になりたがっている留学生

IRCCのデータによると、留学生の10人に3人が勉強を終えてカナダに移住しています。

この傾向は、カナダの留学生の登録がパンデミック後に回復するにつれて顕著になると予想されます。

IRCCは、2019年と比較して2020年に519,800件の研究許可を発行しました。

 

カナダ統計局のレポートでは、2000年以降にこの国に到着した留学生の30%が、最初の就学許可を受け取ってから10年以内に永住者になった経緯を概説しています。

これは、すべての修士課程の学生の50%と博士課程の学生の60%で構成されており、高度なスキルを持つ卒業生に対するカナダのニーズに対応しています。

 

報告書はまた、2000年以降の国際登録数の明確な傾向を示しました。

分析によると、カナダに移住するほとんどの留学生はインドから来ています。

卒業後(特に大学院労働許可証)でカナダで働く留学生は、特に仕事の経験が資格の重要な基準であるため、カナダに移住する可能性が60%高くなります。

給与が高い卒業生は、カナダの永住者になる可能性も高くなります。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す