米国のワクチン義務をめぐってシアトル近郊で抗議行動
出所:Reuters

米国のワクチン義務をめぐってシアトル近郊で抗議行動

規制当局によって安全であると宣言されているにもかかわらず、アメリカ人の大部分がワクチン接種に抵抗

ご訪問ありがとうございます。

 

出所です。

Boeing workers stage protest near Seattle over U.S. vaccine mandate

 

「強制は同意ではない」、「任務をやめる」などのプラカードを振って、約200人のボーイング社(BA.N)の従業員などが15日金曜日に、米国の労働者に対する飛行機メーカーのCOVID-19ワクチン要件に抗議しました。

ボーイングは火曜日に、連邦請負業者のためにジョー・バイデン大統領が出した大統領命令の下で、12月8日までに125,000人の米国人従業員にワクチン接種を要求すると述べています。

パンデミックが激しさを増している中、バイデン大統領は9月に要件を発表しました。

これは、接種が無料で広く利用可能であり、規制当局によって安全であると宣言されているにもかかわらず、アメリカ人の大部分がワクチン接種に抵抗しているためです。

 

ある航空電子工学エンジニアは、「それは私の選択であり、私の体だ」と語りました。

彼の声は、シアトル北部のエベレットにあるボーイングの工場の外の、にぎやかな通りに沿って支援を示すための反バイデンの聖歌隊とトラックによってほとんどかき消されました。

「それは疑似緊急事態の下で与えられた実験薬です」と、彼は付け加えました。

別の労働者、組立整備士は、「This is America. 私たちは言われたことをするだけではありません」と語りました。

 

 

今週初めボーイングは、12月8日までに従業員はワクチン接種の証拠を提示するか、障害に基づいて承認された合理的配慮を持つか、誠実な宗教的信念を保持しなければならないと述べました。

「ボーイングは、従業員の安全な労働環境を維持することに尽力しています。私たちのグローバルな労働力の健康と安全を向上させることは、私たちの価値観の基本であり、毎日の最優先事項です」と、広報担当者は語りました。

アメリカン航空(AAL.O)を含む主要な米国の航空会社は、航空機部品メーカーのスピリットエアロシステムズ(SPR.N)と同様に、連邦請負業者に課せられた期限にも間に合うと述べています。

スピリットの最高経営責任者であるトム・ジェンティーレは、金曜日にロイターが見た従業員へのメモに、「大統領命令を出たので、その命令に従うのは私たちの責任だ」と述べました。

 

ボーイングは、共和党のグレッグ・アボット知事が11日月曜日に、民間雇用者を含むあらゆる団体によるCOVID-19ワクチンの義務を禁止する行政命令を出した テキサスのサイトには、その義務はすぐには適用されないと述べた。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す