米国永住権申請にCOVID-19ワクチン接種義務化
出所:Nexstar Media Inc.

米国永住権申請にCOVID-19ワクチン接種義務化

バイデン政権がワクチン接種をより多くの人々に求めているため、ワクチン接種要件に関する新しい規則を発表

ご訪問ありがとうございます。

 

出所です。

COVID-19 vaccine requirements in effect for U.S. residency applications

 

アメリカ合衆国国土安全保障省(DHS)によると、10月1日以降、米国での永住権を申請するすべての人は、コロナウイルスのワクチン接種を受ける必要があります。

 

米国市民権移民局のスポークスパーソンは25日月曜日のボーダーレポートに、米国での永住権を申請する人は誰でもワクチン接種の証拠を示さなければならないと語りました。

9月中旬にDHS当局は、バイデン政権がCOVID-19のワクチン接種をより多くの人々に求めているため、ワクチン接種要件に関する新しい規則を発表しました。

 

民間の外科医が、申請プロセスに伴う必要な移民健康診断を完了する前に、書類を提示する必要があります。

新しい機関の規則によると、ワクチン接種の証明は来週から「直接」提示されなければなりません。

 

 

USCISのウェブサイトの声明によると、「アラート:2021年10月1日より、移民健康診断の対象となる申請者は、COVID-19ワクチンシリーズを完了し、民間の外科医が移民健康診断を完了する前に、直接、民間の外科医にワクチン接種の文書を提出する必要があります。そしてForm I-693、健康診断と予防接種記録の報告書に署名してください」

 

合法的な永住権の申請は、帰化を通じて米国市民権を取得したい移民にとっての最初のステップで、 「グリーンカード」の取得とも呼ばれます。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す