米国 バイデン政権によるワクチン義務化の異議申し立てを拒否

米国 バイデン政権によるワクチン義務化の異議申し立てを拒否

政府の要件は驚くほど広範である

ご訪問ありがとうございます。

 

出所です。

U.S. appeals court affirms hold on Biden COVID-19 vaccine mandate

 

金曜日の米国控訴裁判所は、ジョー・バイデン大統領による、100人以上の労働者を抱える企業にCOVID-19ワクチンを要求する要件を保留する決定を支持し、バイデン政権による異議申し立てを拒否しました。

ニューオーリンズの第5回米国巡回控訴裁判所の3名の委員会は、ワクチン命令の実施を停止すると数十人、さらには数百人の死亡につながる可能性があるというバイデン政権の立場にもかかわらず、その判決を確認しました。

 

ワクチンの義務化は、米国で非常に物議を醸しています。

支持者は、ほぼ2年間のコロナウイルスのパンデミックに終止符を打つ必要があると述べ、反対派は、米国憲法に違反し、個人の自由を制限していると主張しています。

 

 

この要件は労働安全衛生局(OSHA)によって発行され、100人以上の従業員を抱える企業は、スタッフにワクチン接種を受けるか、毎週のテストとフェイスマスクの要件に直面することを義務付けています。

ホワイトハウスの当局者は、判決について即座にコメントしなかったが、テキサス州司法長官のケン・パクストン氏によって勝利として歓迎されました。

テキサス州は、他の米国の州だけでなく、民間の雇用主や宗教団体にも加わり、この要件に対する法的異議申し立てを行いました。

パクストン氏はツイッターで、「テキサス州の説得力のある議論を引用して、第5巡回区はOSHAの違憲で違法な民間事業ワクチンの義務を維持している」と、述べています。

 

バイデン大統領は9月にこの要件を課し、接種を拒否したアメリカ人に「私たちの忍耐力は薄れている」と発言しました。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す