米国 バイデン政権のワクチン義務化を、連邦控訴裁判所が凍結

米国 バイデン政権のワクチン義務化を、連邦控訴裁判所が凍結

政府のさまざまなワクチン規則は、米国の労働力の約3分の2にあたる1億人の従業員を対象

ご訪問ありがとうございます。

 

出所です。

U.S. federal appeals court freezes Biden’s vaccine rule for companies

 

米国連邦控訴裁判所は土曜日に、規則の「重大な法定および憲法上の」問題を挙げて、バイデン政権が少なくとも100人の従業員を抱える米国企業の労働者に、COVID-19のワクチン接種または、毎週の検査を義務付ける努力の凍結を発表しました。

米国第5巡回区控訴裁判所の判決は、共和党主導の多数の州が、1月4日に発効する予定の新しい規則に対して法的な異議申し立てを行った後に行われました。

 

声明の中で、労働省の事務弁護士シーマ・ナンダ氏は、労働省が労働安全衛生局(OSHA)によって施行される規則を発行する「その法的権限に自信を持っている」と述べました。

「労働安全衛生法は、労働者が重大な危険にさらされており、労働者を保護するために新しい基準が必要であると当局が判断した緊急時に、迅速に行動する権限をOSHAに明示的に与えています。私たちは法廷でこの基準を擁護する準備ができています」」と、ナンダ氏は述べています。

 

 

民間部門のワクチン接種に関する措置は、職場の安全に関するOSHAの緊急当局の下で行われたと、当局者は述べました。

OSHAによると、この規則は、190万人の民間雇用者のうち、8,420万人の労働者に適用されます。

ホワイトハウスによると、政府のさまざまなワクチン規則は、米国の労働力の約3分の2にあたる1億人の従業員を対象としています。

 

土曜日のこの裁判所命令は、いくつかの企業、擁護団体、およびテキサス州、ルイジアナ州、ミシシッピ州、サウスカロライナ州、ユタ州からの共同請願に応えて出されました。

この規則はまた、他の裁判所での別個の法的課題にも直面しています。

2ページに及ぶ命令は、バイデン政権に、月曜日の午後5時までに規則に対する恒久的な差し止め命令の要求に応答するように指示しています。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す