米国 ワクチン接種後に少児の心臓炎症8例報告
出所:CDC Facebook

米国 ワクチン接種後に少児の心臓炎症8例報告

CDCは、心筋炎の症例​​とワクチンの間に関連があるかどうか示してません

ご訪問ありがとうございます。

 

出所です。

Eight heart inflammation cases among young kids who got COVID-19 shot – U.S. CDC

 

米国疾病予防管理センター(CDC)は木曜日に、ファイザー(PFE.N)とBioNTechのCOVID-19ワクチンを接種した5〜11歳の子供に、心臓の炎症の一種である心筋炎の8例の報告を受けたと述べました。

 

CDCは以前、16〜17歳の男児の心筋炎の報告率は100万回の1回目と2回目の投与量あたり69例を超える可能性が、12〜15歳の男児では100万回の1回目と2回目の投与量あたり約40例あると述べていました。

CDCは、心筋炎の症例​​とワクチンの間に関連があるかどうか、またはワクチン接種を受けていない年齢層の心筋炎の割合を開示していません。

 

 

当局は、データを調査した時点で、5-11歳のグループに700万回以上のワクチン投与があり、510万回の初回投与と200万回の2回目の投与があったと述べました。

CDCによると、これらの症例の臨床経過は軽度でした。

症例は、米国のワクチン有害事象報告システム で報告され、CDCによってその専門家顧問のパネルに提示されました。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す