米国 最高裁はバイデン政権による企業のワクチン義務化を阻止
出所:Reuters

米国 最高裁はバイデン政権による企業のワクチン義務化を阻止

違反企業には約1万4,000ドル(約160万円)の制裁金を科す内容で、今月施行されたばかりだった

ご訪問ありがとうございます。

 

出所です。

U.S. Supreme Court blocks Biden vaccine-or-test policy for large businesses

 

米国の最高裁判所は13日、バイデン大統領が新型コロナウイルス対策として発表した従業員100人以上の民間企業にワクチン接種もしくは週1回の検査を義務付ける措置を阻止する判断を下しました。

 

バイデン大統領は、バイデン政権の規則を停止するという保守的多数派の裁判所の決定に失望を表明しました。

そして、ワクチン接種を受けるための簡単で効果的な措置を講じることを労働者に要求するかどうかを決定するのは、現在、州と雇用主次第だと述べました。

 

判決は6対3で、保守派判事全員がワクチン義務化の差し止めを支持しました。

反対したリベラル派のブライヤー判事は、義務化阻止の判断が「新型コロナが米労働者にもたらす比類ない脅威に対処する連邦政府の能力を損なう」という見解を示しました。

 

 

一方、最高裁は医療従事者にワクチン接種を義務付ける措置については施行を認めました。

判決は5対4で、保守派のジョン・ロバーツ最高裁長官とブレット・カバノー判事が支持に回りました。

これには、高齢者、障害者、低所得のアメリカ人のためのメディケアおよびメディケイド政府の健康保険プログラムからお金を受け取る病院やナーシングホームを含む76,000の医療施設で約1,030万人の労働者にワクチン接種が必要となります。

 

バイデン大統領は声明の中で、医療従事者に「命を救う」ことを認める裁判所の決定と、バイデン政権がそれを執行すると述べました。

労働者は2月末までにワクチン接種を受ける必要があります。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す