米国 消費者物価は過去1年間で6.2%上昇

米国 消費者物価は過去1年間で6.2%上昇

1990年以来最高のインフレ率となる

ご訪問ありがとうございます。

 

出所です。

U.S. consumer prices soared 6.2% in past year, most since 1990

 

労働省は10日、消費者物価指数の前年比上昇が、9月の5.4%上昇を上回ったと報じました。

9月から10月にかけて、価格は0.9%上昇し、6月以来の前月比で最も高い上昇となり、1990年以来最高のインフレ率です。

 

インフレは、ここ数ヶ月でアメリカの労働者に流れた賃金と給与の大幅な増加を侵食し、バイデン政権と議会の民主党員に政治的頭痛を引き起こし、経済を後押しするための努力をどれだけ早く撤回するかを検討する連邦準備制度への圧力を強めています。

約10年前の大不況後よりも、パンデミックの回復中の雇用の増加と昇給ははるかに健全でした。

しかし、その不況に続く年とは対照的に、インフレは現在、経済に対するアメリカ人の信頼の低下を加速させいると、調査は発見しました。

不安定な食品とエネルギーのカテゴリーを除くと、いわゆるコア価格は9月から10月にかけて0.6%上昇し、1年前と比較して4.6%も上昇しています。

 

エネルギーコストは9月から10月にかけて4.8%急上昇し、ガソリン、天然ガス、灯油が急増しました。

これは、他の多くの商品がより高価になったのと同じ理由です。

アメリカ人が運転や飛行を増やすにつれて需要が急増しましたが、供給は伸びていません。

 

 

経済学者は、供給のボトルネックが解消され、アメリカ人が消費の多くをパンデミック前の基準に戻すと、インフレが鈍化すると予想しています。

COVID-19が衰退するにつれ、消費者は旅行、娯楽、その他のサービスに多くを費やし、自動車、家具、電化製品などの商品に費やす必要がなくなります。

これにより、サプライチェーンへの圧力が軽減されます。

 

しかし、それがどれくらいかかるかは誰にもわかりません。

より高いインフレは、ほとんどのエコノミストが予想していたよりもずっと長く続いています。

そして、インフレは、パンデミックの直接の影響を受ける家電製品や新車や中古車などのアイテムをはるかに超えて広がっています。

 

ゴールドマンサックスのエコノミストは日曜日の調査ノートで、「インフレのオーバーシュートは、良くなる前に悪化する可能性が高い」と述べました。

何ヶ月もの間、連邦準備制度理事会のジェローム・パウエル議長は、インフレを「一時的」と表現していました。

これは、パンデミック不況から経済が回復する速度に起因する労働力と供給の不足に関連する短期的な現象です。

しかし先週、パウエル氏は、価格の上昇は来年の夏まで続く可能性があることを認めました。

 

連邦準備制度理事会の議長は、中央銀行が経済を後押しする緊急措置として昨年開始した毎月の債券購入の削減を開始すると発表しました。

投資家は現在、FRBがベンチマーク金利を過去最低のゼロに近い水準から来年2回引き上げると予想していて、これは数か月前に予測していたよりもはるかに早い時期です。

多くの大企業は、より高い賃金のコストを顧客に転嫁しており、場合によっては、消費者は削減するのではなく、支払いをしています。

たとえば、労働者を引き付けるために、マクドナルドは過去1年間で10%から15%の時給を引き上げました。

同社は先月、これらの高い人件費とより高価な食料と紙をカバーするために、7月から9月の四半期の価格を前年比で6%引き上げたと語った。それでも、ウイルスの制限が緩和されたため、会社の売上高は14%急増しました。

 

他の会社はもっと慎重になっています。

そのうちの1つであるオンライン家具小売業者のWayfairは先週、COVIDの発生によりアジアの工場が閉鎖され、港が詰まり、人件費が急騰したため、コストが上昇していると語りました。

しかし、会社は必ずしもこれらすべての高いコストを転嫁しているわけではありません。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す