米国 裁判官は10州の医療従事者に対するワクチン接種義務化を阻止
出所:Health Broadcast Facebook

米国 裁判官は10州の医療従事者に対するワクチン接種義務化を阻止

バイデン政権のワクチン要件に対する2番目の法的後退

ご訪問ありがとうございます。

 

出所です。

Judge blocks U.S. COVID-19 vaccine rule for health workers in 10 states

 

月曜日に10州で阻止されたバイデン政権のワクチン要件は、医療従事者にコロナウイルスのワクチン接種を義務付ける規則を発行した機関が、その権限を超えている可能性があることを連邦判事が発見しました。

 

セントルイスの米国地区裁判官マシュー・スヘルプ氏による判決は、裁判所が10州によってもたらされた法的異議申し立てを審理できるまで、米国メディケアおよびメディケイドサービスセンター(CMS)が、医療従事者にワクチンの義務を強制することを妨げます。

この判決は、COVID-19パンデミックを食い止めるためにワクチンの使用を増やすことを目的とした、バイデン政権の要件に対する2番目の法的後退です。

今月初めにニューオーリンズの連邦控訴裁判所は、少なくとも100人の従業員を抱える企業が毎週スタッフにワクチン接種または検査を受けることを要求する、広範な職場の義務を阻止しました。

共和党の州検事総長は、11月初旬にCMS規則をめぐって政権を訴え、医療スタッフの不足を悪化させると主張したため、このバイデン政権のワクチン要件を阻止しようとしました。

 

 

スヘルプ裁判官は、CMSは、適切なケアを提供する医療施設の能力に対するその任務の負担を、大幅に過小評価していると述べました。

10州で適用されたスヘルプ裁判官の判決:

  • ミズーリ
  • ネブラスカ
  • アーカンザス
  • カンザス
  • アイオワ
  • ワイオミング
  • アラスカ
  • サウスダコタ
  • ノースダコタ
  • ニューハンプシャー

 

11月4日CMSは、1,000万人以上を対象とし、病院、老人ホーム、透析センターを含む約76,000の医療提供者に適用されるとの暫定最終規則を発表しました。

義務に従わないプロバイダーは、メディケアおよびメディケイドの資金にアクセスできなくなる可能性があります。

メディケアは65歳以上および障害者にサービスを提供し、メディケイドは貧しい人々に奉仕しています。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す