誰がニュージーランドを食べているのか?_1
出所:DairyNZ Facebook

誰がニュージーランドを食べているのか?_1

ニュージーランドは約 4,000万人を養うのに十分な食料を生産していますが、人口はわずか 500万人です

ご訪問ありがとうございます。

 

出所です。

Who’s eating New Zealand?

 

ニュージーランドは約 4,000万人を養うのに十分な食料を生産していますが、人口がわずか 500万人であることを考えると、私たちが食べているこれらの人々は誰で、何を食べているのでしょうか。

そして、ミルクとハチミツの土地で、キウイにどれだけ残されていますか?

RNZは過去 30年間に、ニュージーランドを食べたり飲んだりしている人を確認するために、最大の商品輸出収入者と最も注目を集めている製品のいくつかを調べました。

 

 

乳製品

ニュージーランドは、生産する乳製品のなんと 95%を輸出しており、2020年には 160億ドル近くを稼いでいます。

中国は近年最大の顧客として浮上しており、乳製品への支出は 1990年の 1,350万ドルから 2020年には 55億ドル以上に増加し、現在、中国は乳製品の輸出の約 3分の 1を占めています。

 

 

牛肉

ニュージーランド人は、ニュージーランドで生産された牛肉の約 13パーセントを食べています。

米国は 2010年以来最大の牛肉購入者です。

しかし、2012年以降、中国は上位 10位の購入者ランキングに入り、2019年には米国をトップから押し上げ、NZ牛肉に 16億ドル以上を費やし、2020年、米国はトップの座を取り戻しました。

 

 

羊肉

ニュージーランドの羊の肉を 10個のミートボールのプレートとして想像すると、キウイはミートボールの半分を食べるようになりました。

1990年には、英国がNZ羊肉の最大の購入者でしたが、過去 7年間、中国がトップの座を維持し、支出を 2010年の 1億 1,900万ドルから 2020年には16億ドルに増やしました。

英国は 2020年に 4億 2,000万ドルを費やし、2010年の 6億 600万ドルから減少しました。

 

 

キウイフルーツ

Green、Gold、そして今は Red。 1996年以来、86億 kgの新鮮なキウイフルーツを輸出し、約256億ドルの収益を上げています。

2020年の輸出は過去最高の 27億ドルでした。

ニュージーランド人はここで育ったものの約 10パーセントしか食べることができません。

ゼスプリのチーフ グローバル サプライ オフィサーである Alastair Hulbert氏は、国内販売は規制によって制限されていると述べています。

最大の国際的な顧客はヨーロッパ、日本、中国です。

 

 

シーフード

商業的に漁獲されたシーフードの何パーセントが輸出され、何パーセントが地元で食べられているかについての答えは、簡単ではありません。

業界団体である Seafood NZは、情報を収集する必要はないと述べています。

Seafood New Zealandの Webサイトの数値によると、以前に発表された数値には 90%、77%が含まれ、毎年約 45万トンのシーフードが漁獲され、276,901トンが輸出されています。

これは約 63%になりますが、漁獲重量と輸出重量の比較は正確ではありません。

魚は内臓があり、輸出前に切り身になることが多いため、漁獲された重量を輸出データと一致させることは不可能です。

 

大手企業の 1つである Sealordは、漁獲量の 90%以上を輸出していると述べ、別の大手企業の 1つである Sanfordの 2019年の年次報告書によると、売上の約 56.1%は輸出売上です。

1990年代には、日本、オーストラリア、米国がシーフードの最大の購入者でしたが、2011年までに中国が最大の購入者になりました。

2019年、中国は約 6億 9,000万ドル相当のシーフードを購入し、2番目に大きな購入者は米国で 2億 4,500万ドルを費やしました。

シーフードからの収益は大幅に増加し、2020年にはわずかに減少しましたが、輸出重量は 2005年の約 300万kgから2020年には231万kgに減少しました。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す