誰がニュージーランドを食べているのか?_2
出所:Radio New Zealand

誰がニュージーランドを食べているのか?_2

ニュージーランドは約 4,000万人を養うのに十分な食料を生産していますが、人口はわずか 500万人です

ご訪問ありがとうございます。

 

出所です。

Who’s eating New Zealand?

 

タマネギ

私たちのタマネギは海外で人気があり、実際、2012年以来ニュージーランドで最も輸出されている野菜作物です。

約 85%を海外に送り、残りの 15%をアオテアロアで食べています。

2020年、ニュージーランドは 20万トン以上を輸出し、1億 5,400万ドルを稼ぎました。

貯蔵寿命が長いため、輸出製品として理想的であり、北半球の生産者とは反対の時期に収穫するため、タマネギは世界の生産のギャップを埋めます。

インドネシアとマレーシアは、ドイツとオランダと並んで、タマネギの大きな買い手です。

 

 

リンゴ

ニュージーランドで栽培されているリンゴの約 86%は海外で販売されています。

2020年には、記録的な 9億 1,000万ドルを獲得し、2022年の 10億ドルという業界の目標に近づきました。

目標は、輸出が 3億 4,000万ドルに達した 2012年に設定されました。

2020年には中国が最大のリンゴ購入者であり、ベトナムと台湾がそれに続き、米国と英国は 4位と 5位に落ち込みました。

 

 

ワイン

封鎖の波紋は、2020年に世界に販売された記録的な 20億ドル相当のニュージーランド ワインの背後にあった可能性があります。ニュージーランドが生産するワインの 85%は海外で飲まれています。

 

 

マヌカハニー

ロンドンで、マヌカハニーが 1瓶 3,000ドル近くで売られているというニュース記事があるので、ニュージーランドがハチミツの大部分を輸出していると思うかもしれません。

実際には、2019年は、生産した半分未満しか輸出していませんでした。

2019年にニュージーランドを訪れる観光客が購入したハチミツを加えると、ハチミツの約 46%になります。

観光客がいなければ、この数字は 38%だったでしょう。

中国が最大の買い手であり、米国と日本がそれに続きます。

 

 

世界的な飲料大手が私たちの水を瓶詰めすることについての注目を集める論争にもかかわらず、輸出されたニュージーランドの水は、実際には地元で販売されているものと比較してわずかな割合を占めています。

現地売上高の正確な数値を入手するのは難しいですが、環境省の Webサイトに公開されている 2018年の情報によると、輸出されているのはわずか 17%です。

近年、中国は私たちの水のトップバイヤーとして浮上しています。

以前は、米国とオーストラリアが最大の購入者でした。

 

 

乳製品は、他のすべての食品および飲料の輸出を上回っています。

1990年以来、2,310億ドルの収益を上げています。

羊肉は 710億ドルで 2番目に来て、牛肉は 590億ドルで 3番目になります。

 

1870年代から 1940年代の間、英国は私たちの主要な輸出市場であり、私たちの輸出の 60〜 90パーセントを占めていました。

これは衰え始め、1973年に英国が欧州経済共同体(現在の欧州連合)に加盟するまでに、私たちの商品の 30パーセント未満しか消費していませんでした。

 

2008年に中国とニュージーランドが自由貿易協定を締結して以来、中国の輸出収益への貢献は大幅に増加しています。

2007年には、中国が乳製品からの収益の 5%を占めましたが、現在、35パーセントは中国になります。

羊の場合は 3%から 42%に急上昇し、牛肉の場合は 0.09%から 33%に上昇しました。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す